FC2ブログ

読書と足跡

0

アフターダーク

アフターダーク著者 村上春樹真夜中から空が白むまでのあいだ、どこかでひっそりと深淵が口を開ける。時計の針が深夜零時を指すほんの少し前、都会にあるファミレスで熱心に本を読んでいる女性がいた。フード付きパーカにブルージーンズという姿の彼女のもとに、ひとりの男性が近づいて声をかける。そして、同じ時刻、ある視線が、もう1人の若い女性をとらえる――。新しい小説世界に向かう、村上春樹の長編。村上春樹氏の名前を見...
2

風の歌を聴け

風の歌を聴け著者 村上春樹村上春樹のデビュー作1970年夏、あの日の風は、ものうく、ほろ苦く通りすぎていった。僕たちの夢は、もう戻りはしない――。群像新人賞を受賞したデビュー作1970年の夏、海辺の街に帰省したは、友人のとビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。2人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、の夏はものうく、ほろ苦く過ぎさっていく。青春の一片を乾いた軽快なタッチで...
0

ねむり

ねむり著者 村上春樹覚醒する新世界。目覚めつづける女の不定形な日常を描いた短編『眠り』が、21年ぶりの“ヴァージョンアップ”を経ていま再生する―ドイツ語版イラストレーション、日本版のためのあとがきを収録した、村上世界の新しい「かたち」。人はなぜ眠るのであろうかと疑問に思ったことがあるか?おそらくある人もいればない人もいる。そしてこの睡眠というものは人間の1日24時間にとってどのくらいの割合を取っているので...
0

女のいない男たち

女のいない男たち著者 村上春樹絡み合い、響き合う6編の物語。村上春樹、9年ぶりの短編小説世界。最近村上春樹氏の本を読むことが多い。そしてこの女のいない男たちは比較的新しい本である。いちどは目に通しておこうと思いこの本を手に取った。そして私はこの本を読み始める。まず最初に出会った物語は、ドライブ・マイ・カーである。物語を読んでいると、どうやら亡くなった妻の話がメインとなって出てくる。亡くなった妻は他に...
0

ノルウェイの森(下)

ノルウェイの森(下)著者 村上春樹激しくて、物静かで哀しい、100パーセントの恋愛小説!あらゆる物事を深刻に考えすぎないようにすること、あらゆる物事と自分の間にしかるべき距離を置くこと――。あたらしい僕の大学生活はこうしてはじまった。自殺した親友キズキ、その恋人の直子、同じ学部の緑。等身大の人物を登場させ、心の震えや感動、そして哀しみを淡々とせつないまでに描いた作品。果たして今自分がいる世界はまともな世界...
0

パン屋を襲う

パン屋を襲う著者 村上春樹「殺っちまおう」と相棒は言い、「もう一度襲うのよ」と妻は言った――。空腹に耐えかねた「僕」と相棒が、包丁を忍ばせ商店街へと向かう「パン屋襲撃」。異常な飢餓感に突き動かされた「僕」と妻が、午前二時半の東京を彷徨う「パン屋再襲撃」。村上春樹の初期作品として名高い二篇が、時を経て甦る! 改稿にともないタイトルを一新、ドイツ気鋭画家のイラストレーションと構成するアート・ブック。いきな...
0

ノルウェイの森(上)

ノルウェイの森(上)著者 村上春樹限りない喪失と再生を描く究極の恋愛小説!暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は1969年、もうすぐ20歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱し、動揺していた。限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。またまた村上春樹氏の世界に吸い寄せられ、手にしてしま...
2

図書館奇譚

図書館奇譚著者 村上春樹僕と羊男はここから脱出できるのか? 図書館の地下に囚われる不条理を描く名作とカット・メンシックのダークなイラストが響きあう。村上春樹氏が創る世界、不思議な世界、現実では体験することできない世界、これを小説の中では体験することができる。今回は図書館での話である。本に関わることを物語とするのは村上さんとして本を何か広めたいのではないであろうか、いやむしろそういう思いであって欲しい...
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ

フリーエリア