FC2ブログ

読書と足跡

0

黙示

黙示著者 真山仁農薬散布中のラジコンヘリが小学生の集団に墜落する事故が発生。重い中毒症状に苦しむ子どもたちを目の当たりにした世論は、農薬の是非のはざまで揺れることに。その間隙を縫い、農薬を必要としない遺伝子組み換え食品を推進するアメリカの巨大企業と、日本の食品の買い占めを目論む中国……。私たちは何を選び、何を捨てるのか。日本の食のあり方を厳しく問う本格メガ・エンタメ!読書を通じてどんな事を学べれるか...
0

グリード 下

グリード 下著者 真山仁ストラスバーグにアメリカン・ドリーム社買収の妨害工作を仕掛けられた鷲津政彦は、アメリカに宣戦布告する。AD社破綻のXデーに向けてウォール街が混乱する中、ワシントンDCもついに動き始めた。強欲の坩堝に身を置き、闘い続ける鷲津。その胸に秘められた衝撃の戦略とは。「ハゲタカ」シリーズ第四弾解説…佐藤優強欲なアメリカを買い叩く。ハゲタカがついに動く。アメリカ果て無き強欲で成り立っている。...
0

グリード 上

グリード 上著者 真山仁リーマンショック直前、鷲津政彦はアメリカ経済を長年牽引した超巨大企業、アメリカン・ドリーム社の奪取を目論んでいた。その行く手に立ちはだかる敵は、圧倒的財力を持つ「市場の守り神」サミュエル・ストラスバーグ。食うか食われるか、日米の国境を越えた死闘が幕を開ける! 「ハゲタカ」シリーズ第四弾なぜ買うか?なぜ買収するか?それは欲しいからであって欲しいから購入してる。ただそれだけである。...
0

コラプティオの読書と足跡 真山仁 読書感想

コラプティオ著者 真山仁震災後の日本に現れたカリスマ総理・宮藤隼人は、“禁断の原発政策”に日本復興を託すが、その矢先、一人の日本人がアフリカで殺される。事件の背景に広がる政権の闇を追いかける新聞記者と、宮藤を支える若き側近は、暗闘の末、最後に何を見るのか。謀略渦巻く政治の世界を白熱の筆致で描く真山文学の真骨頂!そう思わせる一冊である。原発問題・政治家問題と、現代の政治家にも関連されるとおもわせる一冊...
0

アディオスジャパン 著者 真山仁

アディオスジャパン著者 真山仁新たな知識を求めてこの本と出逢う。物騒な題名である、アディオスとは、しかし真山先生ならではの激励だと思いこもう。そこには、母国日本を思いやる気持ち、祖国日本を思いやる気持ちがみととれる。愛すべきジャパン、だからこそ復活してほしい。だからこそ日本を外からの視点で見つめてみる必要があるのである。中から見るのと、外から見るのでは大違いである。どのような国に見られるかは、その...
0

オペレーションZ 著者 真山仁

オペレーションZ著者 真山仁新たな知識を求めてこの本と出逢う。アルゼンチンという国家のデフォルトから始まる物語、そして真山先生、つまり日本国のデフォルトと言う話につながっていきそうな物語の始まりである。確かに今は日本国債の利回りが低い、という事はつまり日本国債が高いと言うことである。しかし1000兆円を超える現在の借金で本当に日本国債は大丈夫であろうか?物語と、現実が混同しているしまいます、まさにカオス...
0

シンドローム 下 著者 真山仁

シンドローム 下著者 真山仁新たな知識を求めてこの本と出逢う。電力は効果、ならば国ごと買い叩くハゲタカが新たに活躍する物語の下巻である。これは原発事故での物語をハゲタカ目線から小説にした話である。東北大震災は衝撃の自然災害であった。津波だけでも厳しい自然災害だがそこに加え原発と言う大問題が加わってしまった。電力会社の命がけの対応を読み取ることができるし、電力会社の経営陣の無能な采配を読み取ることが...
0

シンドローム 上 著者 真山仁

シンドローム 上著者 真山仁新たな知識を求めてこの本と出逢う。今度の標的は電力会社?この物語は面白い。ハゲタカは、何を狙い、日本を買い叩く?まさにのめり込める一冊てある。原発をなくしたいから、電力会社を買い叩く?官僚にメスを入れたいから、電力会社を買い叩く?どちらが目的でも電力会社にメスを入れたいという気持ちは同じである。だからこそ、株で経営権を購入する。実経済が学べる小説、それが真山仁氏の小説で...
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ

フリーエリア