FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

「男の色気」のつくり方 著者 潮凪洋介

「男の色気」のつくり方
著者 潮凪洋介





新たな知識を求めてこの本と出逢う
色気男とは、金をたくさん使うわけでもなく、イケメンと言うわけでもない、それでも遊ばれたいと思われる男である。
男で生まれた以上はモテる男として人生を送りたいものである。
潮凪さんの本としは、このような本を読んだ。
「読書する」ということはとても大切なことである。
「お金に殺されない人が大切にしている40のこと」、「新しい男のルール」、「孤独が男を強すくする ふとした寂しさを力に変える36の法則」、などを読書させてもらった。
本を読む」と言う事とても大切なことである。
色気のある男とは、自分の言葉で話す男に色気は宿るものである。
女性は「自分の会話」に酔いたい生き物である。
女の話は馬鹿真面目に聞いたら負けである。
ぶつかりを持ってこそ雄である。
嫌われたって城戸が色気を育てる。
愛のある毒舌をマスターすることが大切である。
チラチラ横を見る必要はない、自分を持つことが大切である。
笑顔で隙を見せると量も大切である。
純粋さ、大人げなさを研ぎすますことも大切やる。
目指すは懲りない愛されバカである。
褒めては放置を繰り返し女心を発酵させる。
今日からうわべだけのつまらない会話を卒業しなさい。
無骨さののチラ見せが男の色気を強めるものである。
適度に傲慢さがないと「色気の枯れ果てた人」になってしまいます。
色気の男は恋愛事故回避能力が高いものです。
ほんの少し背伸びする勇気も大切ですし、お気に入りの女性をあえて分け与える度量も大切である。
お互いに自分本位で生きることも大切ですし、もっともっと出会いの場と女になれる必要もあります。
自分の年齢など気にしてはいけません。
大胆にさりげなく警戒心を解くことが大切であります。
女性に征服感をプレゼントすることも大切なことです。
ファッション誌を見て、ファッションにこだわることも大切なことです。
利害関係のない付き合いで自分を鍛えることが大切です。
自分ではなく周りに目を向けることも大切なことです。
遊びの時間は自分で作らなければなりません。
苦労を噛み殺しがんばらなければなりません。
顔色を伺いだけじゃ恋は始まりません。
女は星の数だけいると考えなければなりません。
女性の欲望の周波数をキャッチしなければなりません。
複数の女性のことを少しずつ好きになることも大切なことです。
頭の中を常に発情させなければなりません。
色気のある男になるためにはたくさんのするべきことがあるのです。
それでも「色気のある男」になりたいでしょうか?
「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


「SPA!」、「日刊ゲンダイ」、MBS「ちちんぷいぷい」、文化放送「吉田照美 飛べ! サルバドール」、
ラジオ日本「峰竜太のミネスタ」、西日本新聞にて紹介!
エキサイトニュース、infoseekニュース、AllAbout、恋愛サイト「JOOY」「婚活のみかた」
朝日新聞デジタル、gooビジネス、フライヤーなど、ネットポータルでも話題の1冊! !

なぜか、「一流」「できる」という男性は、
なんともいえない「大人の色気」を漂わせている。

本書でいう、色気男とは――

金を大量に使うわけでもない
むちゃくちゃイケメンというわけでもない
肩書きをいうわけでもない

それなのに

「遊ばれてもいいから腕をからませたい」
「ハグのついでにフレンチキスをしたい」

と女性が望む、
「メスを引き寄せるオスの魅力」を持つ男の群れのこと。

いったい「男の色気」はどこから醸し出されているのか。
「大人の男」になるために、必読の1冊!









ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア