FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門 著者 フランチェスコ・シリロ

どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門
著者 フランチェスコ・シリロ





新たな知識を求めてこの本と出逢う
時間をこれから大切にすることが必要になってくる。
それは誰の為でもなく自分自身のためである。
時間を区切り個人目標達成することに優先するものである。
まずは計画を立てることが大切である。
1日の初めに立てるものである。
その日にする事を決めるためである。
次に追跡することが必要である。
1日を通じてするものである。
費やした労力など、必要な指標のもとになるデータを集めるためである。
次に記録をすることが大切である。
1日の終わりにするものである。
日々の観察でわかったことをまとめておくためである。
次は処理をすることが大切である。
1日の終わりにするものである。
生のデータを情報に変えるためである。
最後に視覚化することである。
1日の終わりにするものである。
向上につながる理解を施し、改善への道筋を明確化させるフォーマットで情報を示すためである。
個人の目標達成したら、今度はチームとしての目標達成が必要である。
チームとしての目標達成するためには、作業に必要な労力を見極める、中断を減らす、作業に必要な労力を見通す、ポモドーロの効果を高める、予定表を作成する、改善の目標を定める。
これが大切である。
個人でも、チームでも目標達成することにより自信がつき、自分自身の人生の価値観が変わってくるのである。
それを知るためにも本を読むことが大切である。
本を読むことにより新しい価値観、新しい考え方に出会えるからである。
そうやって人は大きくなっていくものである。
そうやって人は成長していくものである。
そこが大切なのである。
だからこそ本を読むことを推奨するのである。
きっかけは何でも良いのではないか?
人からの紹介でもあり、目についた本でもあり、このようなブログでも構わない。
始めることが大切である。
本を読み始めることが大切である。
そこで私たちは成功を目指すかもしれないし、満足するかもしれません。
しかし向上心があるからこそいろいろ調べるのではないでしょうか?
その向上心はとても大切なものであるし、自信を持つべきものである。
その向上心こそあなた自身を成長させるのである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


世界中のエグゼクティブが実践する「ポモドーロ・テクニック」。
先延ばしを減らし、生産性を改善し、時短化する。

1ポモドーロ=25分
集中力は25分が限界。

「ポモドーロ・テクニック」で達成できるもの。
・集中力の向上
・意識の向上
・モチベーションを高める
・意志を強める
・見通す力を高める
・仕事や勉強のプロセスの改善
・粘り強くなる ……etc.

「ポモドーロ・テクニック」開発者による初の公式本!

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア