FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

『また会いたい』と思われる人『二度目はない』と思われる人 著者 中谷彰宏

『また会いたい』と思われる人『二度目はない』と思われる人
著者 中谷彰宏





新たな知識を求めてこの本と出逢う
自分から動く、誘う、こんな人間が成功する。
また会いたい、おもてなし、こんなキーワードをいかに活用するか?
学びたい人の動作、目線などに注目する。
凄いという言葉を使わない。
相手が喜ぶ行動をする。
いかに相手に喜ばれるか、おもてなしを考えなければならない。
自分自身でお金を稼いだことない人は、仕事をしてあげている態度や発言をする。
このような態度を取る人が選ばれるはずがない。
そーゆー人間が成功してはいけない。
お客さんに喜ばれる、社会への貢献になる。
いかにこのような考えを持って対応していくのか、いかにそういう考え方を持った人や会社が成功していくのかが大切である。
例えば今は常識となっているスイカなどの電子マネーである。
これはすばらしい社会貢献である。
これにより切符を買うことがなくなった。
中には切符を購入する人たちもいる。
しかしこの切符を購入することがなくなったことにより、どれだけの時間短縮が行われているのか計り知れない。
だからこそ今政府が進めている電子マネーへの転換は後押しして進めるべき案件である。
そうすればこの世の中もっと便利になり、もっと効率の良い世の中になっていく。
もちろん効率が良いことだけが全て正しいわけではない。
しかし効率が良い事はとても良いことである。
非効率を求める人たちもいる。
それはそれで1つのビジネスである。
だからこそ、効率の良い社会を求めなければならない。
非効率的なビジネスがビジネスとして成り立つためにも。
既に時代の転換期に生きている。
だからこそ楽しい世の中が待っている。
そして私たちはまた新しい世の中を求めなければならない。
私たち人間が生きている限り終わりは無いのである。
だからこそ、人に喜ばれる人や人に喜ばれる会社にならなければならない。
そのためにも自分本位で物事を考えるのではなく、相手本位で物事を考えなければならない。
そうすることによりあなたはまた別の世界の人間となれるであろう。
そして別の世界のサービスを受けることができるであろう。
それを求めるかどうかはあなた次第である。
それを探すかどうかはあなた次第である。
大切な事は自分が納得する人生を送れるかどうかである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

出会いは、1回会って2回目に会うまでが勝負です。
ほとんどの出会いが、1回会って終わりです。
2回目に会えるのは個人の力です。
「何かあったら、ぜひ」ではなく、
自分から「こういうことをしましょう」と、
具体的に提案することが大切なのです。
中谷彰宏が教える「二度目につなげる72の具体例」。

【この本は、3人のために書きました。】
(1)一回会った人に、2回目、会ってもらえなかった人。
(2)初対面で、食い込む力をつけたい人。
(3)出会いを、おつき合いにつなげたい人。

【二度目につなげる72の具体例】
・「いい企画がありましたら」より「あなたと仕事をしたい」。
・名刺を渡した後も、何度でも名前を名乗ろう。
・企画をその場で出せる人が、チャンスをつかむ。
・名前をフルネームで、名乗る。
・「また、ぜひ」で終わらないで、具体的にしよう。


「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア