FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

『レバレッジ貯金』のススメ 著者 渡邊一樹 加藤皓太

『レバレッジ貯金』のススメ
著者 渡邊一樹 加藤皓太




新たな知識を求めてこの本と出逢う
資産はポケットにお金を入れてくれる。
負債はポケットからお金を取っていく。
自宅は負債である。
お金が減っていくから。
金持ちがなぜ高級マンションを購入するなか?
高く売却出来るから。
結局は、早く始めて不動産で成功しようという話。
レバレッジをかけることが大切である。
投資をすることに関してレバレッジをかけるかどうかで、勝ち負けが決まってくる。
レバレッジをかけない投資は投資ではない。
投資ではないは、言い過ぎだが、勝つ可能性は明らかに低くなるのである。
だからこそレバレッジをいかにかけるのか、それが大切である。
だからこそレバレッジをかけれる方法を考えるのである。
株投資はレバレッジをかけるんか?
信用取引したらレバレッジをかけることができる。
しかしそこにリスクが大きいのではないのかと思う。
リスクが大きいと言う事は勝負に勝つ可能性が低くなるのである。
ではFXはどうであろうか?
これも信用取引すればレバレッジをかけることができる。
信用取引することに関して、リスクが大きいのではないか、これも株式投資と同じである。
ではどのようなレバレッジが良いのか、それが不動産である。
まずは大きな借金をしなければならない。
大きな借金をいかにして返済していくかが大切である。
その借金の返済の仕方にレバレッジが効いてくるのである。
自分のお金とは別に他人のお金で借金を返済していくのである。
それが家賃収入である。
だからこそレバレッジを聞かせて投資をするのであり、レバレッジを聞かせて借金を返していくのである。
という事は結論が出るのである。それはやはり不動産投資である。
いかに不動産投資を有効活用して、いかに不動産投資で成功させるのか、それが大切である。
後は実行するかしないかである。
実行しなければ何も始まらない。
実行しない人たちは多いが、実行する人たちは少ない。
だからこそお金持ちと言うものは貴重な存在になるのではないかと考える。
そのために私たちは行動を起こさなければならないし、活動をしなければならない。
そして学ばなければならない。
そのためにはまずは本を読むことである。
本を読み知識を得ることが大切である。
そうすることによりあなたは人生の豊かさを手に入れることができるであろう。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

【“ローリスク”&“ほったらかし”の資産形成法】
資産形成の相談実績5000人以上の著者が初公開!
「貯金」が目減りする時代の「一攫千金」を狙わない
正しいお金の増やし方

◎「老後の見える化」ができれば、今を我慢せずに暮らせる!
◎貯金よりも効率よく老後資金を確保する方法があった!
◎「今の再現性」と「未来の再現性」を満たさないものは切り捨てる!

★「投機」と「投資」と「資産形成」の違いを知らない人たちが失敗している!
★正しい資産形成とは、「資」を確実に「産む」ものにお金を使うことだ!
★これからは、このことに早く気づいた人から「老後富裕」になっていく!

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア