FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

1

副業で稼ぐ!と決めたら読む本 著者 中山マコト

副業で稼ぐ!と決めたら読む本
著者 中山マコト




新たな知識を求めてこの本と出逢う
いずれ本業になれるだけの市場性と可能性を持った副業が新たな価値を持ったビジネスです。
会社の常識は、社会の非常識だと考える。
仕事選びは、社会の役に立つか?と考える。
好きだとしても、続けられるとは限らない。
気になると言う感覚を大切にする。
お金を払ってもらえなければビジネスではない。
景気に左右されない本質的なビジネスが強い。
たとえ大きな報酬でも、軸がぶれてしまう仕事は受けない。
競争がない理想のビジネスの仕組みづくりが重要である。
名前をつければ新たなカテゴリーを作れる。
どんなに忙しくてもできる副業は見つかる。
続けられると言う理由で副業を選ぶべきである。
関連性のない副業でも、本質を捉えたビジネスでは成功できるものである。
そこに本当にニーズがあるのかどうかを確認しなければならない。
お客さんを選ぶことで人脈が生きることもあれば、発想力をミックスしアイディアを出すことにより困難を乗り越えることができる。
本業と副業の境界線はありません、人生には副業のヒントが溢れていると言うものである。
どのような考え方で生きていくのか、そしてどのような価値観で生きていくのかによって考え方が変わってくるものである。
ビジネスに発展するヒントを見逃してはならないし、周りの人の共感を呼ぶことができる。
なかったものを作ったから大成功。
過去の成功体験にしがみついては何も生まれない。
売りたいものではなく、お客さんの欲しいものを提供するものである。
ユーザ目線で徹底的に考え未来を見せる。
言葉で伝えるためには、たくさんの言葉を仕入れなければならない。
個性を明確にすれば、対立軸がはっきりとわかるものである。
コアなファンを見つけるためには、敵を作ることを恐れてはいけない。
世の中の全員から好かれる事は無い。
誰に好かれて誰に嫌われるかが大切である。
組み合わせて過去になかった新しい市場が作れるものである。
お客さんが本当に欲しいものは組み合わせて作れるものである。
既に持っているものを見直すだけで大きな可能性が生じることもある。
人の本質的な欲求に近いビジネスを考える必要がある。
自分の隠れた本音を探すことで世の中に求められているものがわかる。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

★「働き方改革、残業禁止、副業解禁」時代の“副業"で成功するバイブル!
働き方改革、残業禁止、副業解禁などこの春から「働き方」を取り巻く環境は大きく変わった。副業解禁などに伴い、新しく副業を考える人が増えてきた。
副業、週末起業というと、片手間で、趣味的に、となりがちだが、軽いノリのものは失敗しやすい。本書は、失敗しないための“稼ぐ副業"の見つけ方、“続く副業"のつくり方をやさしく教える。

★副業は“副"ではなく、 “本業の芽"という発想だとうまくいく!
著者は、副業に対する姿勢はあくまでも“副"ではなく、 “本業の芽"という発想で行うべきと考えている。そうでなくてはそもそも身が入らないし、効率と永続性を追求しなくなる。
つまりはロスが大きい。月に数万円で良い! ではなく、月に数万円から始めて、いずれはもっと大きな金額を目指すと、副業は成功する! 副業で成功して独立するのは結果論。
副業のままでも【複業】で人生は大成功。「今の会社勤め(本業)をしながら副業をしたい。あわよくば将来は独立して稼ぎたい」という思いを抱いているサラリーマンなどに最適の内容。

★著者は数々の副業で成功してきた、副業の達人!
著者の中山氏は、『フリーで働く! と決めたら読む本』(日本経済新聞出版社)で「フリーで働く本ブーム」を牽引した人物。
近年は会社や組織勤めのサラリーマンなどを対象にした「副業」指導も行っている。本書はそのノウハウを“初公開"する。
中山氏は、本業のマーケティングから派生し、広告企画、セールスプロモーション、コピーライティング、ネーミング、
起業支援、文章術、講演、スピーチライターなど数えきれない副業を派生・発展させてきた。
それらを合わせると普通のサラリーマンの年収の数倍程度に稼げるほどにまでなった。そうした経験などを、本書で初めて解説する。


【本書の主な内容】
・副業という仕事はない。本業の“芽"があるだけ
・あの人もこの人も、副業から始まった
・副業を本業に育てる、たった3つの法則
・副業の成功を確実にするための6つの条件
・副業をもっと成功に導く15のセオリー


★★副業が気になる人、副業がうまくいっていない人など、多くの人に読んでもらいたい一冊です! ★★

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

こんばんは

会社だけでなく複数から収入を得られるように行動してるつもりですが、ちゃんと本を読んで無駄な労力を減らしたいです。
非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア