FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

崩壊の森 著者 本城雅人

崩壊の森
著者 本城雅人




新たな知識を求めてこの本と出逢う
昔、ソビエトという国が存在した。
ソビエト社会主義共和国連邦は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。
複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。
ウィキペディア参照である。
首都はモスクワ。
今のロシアである。
新聞記者がこのソ連に行く。
そんな物語である。
ソ連で奮闘する新聞記者がソ連の崩壊を目のあたりにする。
そしてこの本を読むことにより、社会主義国家の秩序と、社会主義国家が滅びていく姿を勉強することができるのではないかと思う。
ではそれを勉強したところで何になるのか?
これが大切である。
これを勉強することにより今の自分がどれだけ幸せなのかを考え直さなければならない。
いや考え直すことができるということである。
世界にはいろいろな国があり、いろいろな実情で生きてる人たちでは今生きている自分自身がどれだけ幸せなのかを考えることができるのではないかと思う。
人にはいろいろな価値観があり、いろいろな考え方があります。
自分と違う考え方や価値観を否定してはいけません。
むしろ受け入れなければなりません。
そのためにも、本を読むことによりいろいろな価値観があると言うことを知らなければなりません。
本を読むことによりいろいろな考え方があると言うことを知らなければならない。
だからこそ本を読む事は大切なことであり、本を読むことにより人が成長するのです。
どんな本を読んでも良いと思います。
どんな本でも良いと思います。
大切な事は本を読むと言うことであり、人と違う考え方があると言うことを知ることです。
そうすることによりあなたはまた1つ人として大きくなるでしょう。
だからこそ本を読む事は大切なことであるのです。
日本とは違う国があり、日本人とは違う価値観がある。
それを知るためにはその国の人と交わる必要があるのです。
しかし実際に関連することができません。
だからこそ本を読むことにより、疑似体験をするのです。
疑似体験をすることによりあなたはまた1つ新しい経験を積むことができるのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

隠された真実を暴け!

『ミッドナイト・ジャーナル』で吉川英治文学新人賞受賞、『傍流の記者』が直木賞候補となった本城雅人が満を持して放つ、
ソ連崩壊前夜、世界的スクープを連発した日本人特派員の物語。

チェルノブイリ原発事故から1年――1987年(昭和62年)4月、東洋新聞の記者・土井垣侑(どいがきたすく)が特派員としてモスクワに降り立った。当時のソビエト連邦はペレストロイカ政策が進められていたが、記者はソ連政府の管理下でしか取材することができず、しかも本社からは当局を刺激しないよう「特ダネ禁止」を言い渡されていた。そんな状況に不満を抱いた土井垣は、独自ネタを拾おうと精力的に街へ繰り出す。だが、ソ連政府は一記者にまで監視の目を光らせていて……。

新聞記者20年・作家生活10年の著者が送る、圧巻の社会派エンタメ。

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア