FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

「14人」の達人に学ぶ不動産投資成功の秘訣 著者 新川義忠

「14人」の達人に学ぶ不動産投資成功の秘訣
著者 新川義忠




新たな知識を求めてこの本と出逢う
色々な人の成功談を聞く事はとても大切なことである。
そして成功の定義は1人、1人異なるものである。
何を持って成功と言うのは違うからである。
そして不動産投資は目的ではなく手段であるということを再認識しなければならない。
あなた自身が何を求めて不動産投資をするのかをまた考えなければならない。
人と比べることに意味は無いのである。
要はあなた自身がどうなりたいかが大切である。
だからこそ数値にとらわれると物件を購入することができなくなる。
自分がどうなりたいか、そして自分がどう生きていきたいかを再度見直す必要があるのである。
サラリーマン投資家として不動産投資で成功したとしても会社は辞めない方が良い。
やはりサラリーマンと言うのはとても信用があるもので、借り入れがしやすいからである。
そのサラリーマンの特性をいかに生かすかが大切であり、どう活用するかが成功のポイントになるかもしれない。
それはまた自分自身が考えなければならないし、自分自身が活用しなければならない。
不動産投資家で成功する人は大体家族やパートナーを大切にしている。
そしてチームのメンバーを大切にしている。
自分が大切なものを理解している事が成功の秘訣となるものである。
色々な投資方法がある。
自分が何を選ぶかは自分で判断しなければならないし、自分で責任を取らなければならない。
そして自分自身が何よりも幸せな人生を送らなければならない。
どのような投資で成功したのかを自分に近い形の先輩方に学ぶのが1番良いであろう。
家賃が50,000円以上を基準として区分マンションを購入すると言う考え方もあります。
家賃がもっと安い価格で区分マンションを購入すると言う考え方もあります。
つまり自分がどのようなやり方が向いているのかを知らなければならないのです。
だからこそまずは自分自身を知ることを、自分自身を勉強することが大切なことではないでしょうか?
いろいろな考え方がありいろいろな選択肢がありいろいろな発想があります。
何よりも大切な事は自分で考えて自分で判断すると言うことです。
そこに成功の秘訣があるのかもしれません。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

物件サポート3500人! 事例で見る"勝ち組大家"の法則


<目次より抜粋>
『第1部 不動産投資で成功するために必要な力とは』
◆第1章 「成功」の定義とは
◆第2章 成功投資家さんの共通点
◆第3章 5つの「大家力」を身につけよう

『第2部 14人の達人に学ぶ不動産投資成功の秘訣』
◆元祖サラリーマン大家こと、沢 孝史さん
◆NSX松田こと、松田 淳さん
◆芦沢晃さん
◆中島 亮さん
◆ボロ物件投資のワッキーこと、脇田 雄太さん
◆ふんどし王子こと、山屋 悟さん
◆北陸大家こと、河上 伸之輔さん
◆小嶌 大介さん
◆主婦大家なっちーこと、舛添 菜穂子さん
◆ママ投資家 岩崎 えりさん
◆秘書大家こと、金子 みきさん
◆菊地 美佳さん
◆司法書士あやちゃん先生 太田垣 章子さん
◆菅井 敏之さん

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア