FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

世界を変えたユダヤ商法 著者 武田 知弘

世界を変えたユダヤ商法
著者 武田 知弘





新たな知識を求めてこの本と出逢う
世界の人口のたった0.1%に大富豪が集中するのかが問われています。
そしてその中でも注目されているのがユダヤ人です。
さてそのユダヤ人がなぜ金儲けがうまいのかを探っていきましょう。
例えばビートルズを売り出したのもユダヤ人と言われてます、マクドナルド育てた人もユダヤ人だと言われています、スターバックスのコーヒー革命を起こしたのもユダヤ人と言われています。
さらにはMicrosoftの影の経営者もユダヤ人となります。
ハリウッド砂漠の中に出現した映画の都もユダヤ人が作ったと言われています。
ダイヤモンドを独占しているのもユダヤ企業と言われています。
ラスベガスを作ったのもユダヤ人マフィアだと言われています。
こんなにもユダヤ人の名前が上がるのです。
だからこそユダヤ人に学ばなければなりません。
そもそもユダヤ人とは何かと言われますとユダヤ民族のことではありません。
ユダヤ教を信仰している人たちのことをユダヤ人と呼びます。
ユダヤ教は究極のポジティブシンキングの考え方である。
なぜなら「自分たちは上から選ばれた民族である」と言う考え方を持っているからである。
この考え方を持つ事で救われているのかもしれません。
これほどのポジティブな考え方もなかなかないかもしれません。
そしてユダヤ教の特徴として「休養を非常に重んじる」と言う考え方があります。
1週間に1度は必ず休まなくてはならないと言う考え方を持っています。
メリハリがつくし、集中力を保つかもしれません。
休みを取ることが長い目で見ればパフォーマンスが上がると言う考え方を持っています。
そしてユダヤ人に学ばなければならないのは、何よりも学問に投資をするのです。
ユダヤ教は学問、書物を非常に大切にされます。
本のない家は、魂を欠いた体のようなものだと言う考え方を持っていますし、もし生活が貧しくても、金、功績、家、土地の順番で売れ最後まで本は売ってはならないと言う考え方を持っています。
それほど学問と言うものに重視して教育にお金をかけるのです。
何を奪われてもその人たちの能力は奪われることはありません。
だからこそその能力に投資をするのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

【新しいビジネスを生む戦略と人脈】
◇世界人口のたった0.1%になぜ大富豪が集中するのか?
世界経済はユダヤ人が動かす!
ビジネスを生む「戦略」と「人脈」の最前線

<<巨万の富を築きたい人必読! ! >>
ビートルズ、マクドナルド、スターバックス、マイクロソフト、ハリウッド、ラスベガスも“彼ら"が作った!
ユダヤ3000年の歴史に学ぶ金儲けの秘密


▽ユダヤ人は〔なぜ〕金儲けがうまいのか▽
第1章 世界を変えたユダヤ商法
    1ビートルズを売り出したユダヤ人
    2マクドナルドを育てたユダヤ人
    3スターバックスのコーヒー革命
    4マイクロソフト・影の経営者
    5ハリウッド・砂漠の中に出現した映画の都
    6ダイヤモンドを独占しているユダヤ企業
    7ラスベガスを作ったユダヤ・マフィア
第2章 ユダヤ商法の真髄「ユダヤ教の教え」
第3章 ロスチャイルド家とは何者か?
第4章 実はユダヤ人は日本とも関係が深い
第5章 ユダヤ陰謀論の真実

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア