FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

希望の糸 著者 東野圭吾

希望の糸
著者 東野圭吾




新たな知識を求めてこの本と出逢う
子供だけで新潟県長岡市に行かせるが、そこで地震にあう。
愛しき子供を失う。
さらには、旅館の女将が父親の死の目の前。
果たして、どんな物語が生まれ、どのようにつながっていくのであろうか?
そして、この女将と関連するだろう、刑事。
さらには自由が丘の喫茶店での殺人。
さてさて、あまり繋がりが見えないが登場するのは加賀恭一郎である。
どんな物語が出来上がっていくのであろうか?
女将からの連絡が松宮に入る。
『あなたの父親かもしれない人が生きていると』。
なんのことやら?
母親に尋ねてもはぐらかす。
確かに言われてみれば、葬式の記憶はなく、墓もない。
考えたこともなかった。
人間そんなもんである。
そんな生き物が人間である。
約10年ぶりに元妻からコンタクト。
どんな理由で?
今更なんで?
どう繋がるかまだまだ見えぬ。
だからこそ、小説は面白い。
自由が丘喫茶店と、松宮の生い立ちがどう繋がるのか?
期待させられる。
欲しいのは裏切りである。
期待を裏切る展開を求めている。
現実ではあり得ない。
小説だからこそあり得る世界、それが小説の醍醐味である。
さてさて、地震で子供を無くした家族、そして妻の死別、娘と2人きりになった旦那、その旦那と自由が丘の喫茶店殺人事件が繋がってきた。
その自由が丘の喫茶店の常連客だった旦那に疑いの目が。
そして、松宮の父親は?
どう繋がっていくのか、そしてどう物語はすすむのか、想像が想像を呼び面白い物語になっていく。
そんな中、被害者の元旦那の現恋人が自首。
理由は嫉妬。
果たして、これが真実?
真実がそこにあるとは限らない、そんな教訓を教えてくれそうな物語になるかもしれない。
そこに隠されているのは、体外受精しかも、取り違い?
ここで点と点が結びつく。
そして、子供を巡り各色々な思惑が交錯する。
すれ違い、勘違い、そこで生まれた殺人事件。
読めば読むほど東野圭吾ワールドに吸い込まれる。
だこらこほ、この物語はページをめくる手が止まらない。
そして、松宮の出生の秘密が明らかに。
2つの物語が同時進行する。
あなたにはどんな物語が突き刺さるのか?
寝たきりの父との糸。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

東野圭吾の最新長編書き下ろしは、「家族」の物語。

「死んだ人のことなんか知らない。
あたしは、誰かの代わりに生まれてきたんじゃない」
ある殺人事件で絡み合う、容疑者そして若き刑事の苦悩。
どうしたら、本当の家族になれるのだろうか。

閑静な住宅街で小さな喫茶店を営む女性が殺された。
捜査線上に浮上した常連客だったひとりの男性。
災害で二人の子供を失った彼は、深い悩みを抱えていた。
容疑者たちの複雑な運命に、若き刑事が挑む。


「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア