FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

グーグルに学ぶ最強のチーム力成果を上げ続ける5つの法則 著者 桑原晃弥

グーグルに学ぶ最強のチーム力成果を上げ続ける5つの法則
著者 桑原晃弥




新たな知識を求めてこの本と出逢う
最近
マネージャーか育たないと言われてます。
その理由として、突然化、二重化、多様化、若年化が挙げられます。
グーグルは非常に若い企業だか、世界トップレベルの企業である。
その土台は企業文化の作り方にある。
ミッションは明確であり、忠実であり続けろという企業風土。
優れた人材を惹きつけ、その能力を最大限に引き出す事が大切である。
自分より優秀で博識な人物を採用せよ。
学ぶもののない、あるいは手強いと感じない人物は採用してはならない。
プロダクトと企業文化に付加価値をもたらしそうな人物を採用しなければならない。
両方に貢献が見込めない人物は採用してはならない。
仕事を成し遂げる人物を採用せよ。
問題について考えるだけの人物は採用してはならない。
熱意があり、自発的であり、情熱的な人物を採用せよ。
仕事が欲しいだけの人物は採用してはならない。
周囲に刺激を与え、協力できる人物を採用せよ。
1人で仕事をしたがる人物は採用してはならない。
チームや会社と共に成長しそうな人物を採用せよ。
スキルセットや興味の幅が狭い人物は採用してはならない。
多彩で、ユニークな興味や才能を持っている人物を採用せよ。
仕事しか能がない人物を採用してはならない。
倫理観があり、素直に意思を伝える人物を採用せよ。
駆け引きをしたり他人を操ろうとする人物を採用してはならない。
最高の候補者を見つけた場合のみ採用せよ。
一切の妥協は許されない。
Googleが特にこだわってるのが人材の採用である。
会社は人が全てであるまさにそう言っている。
チームの機能性も大切であるかその時Googleはこのように考える。
メンバーの話を最後まで聞いてますか?
あなたはメンバー全員に平等に発言の機会を与えてますか?
あなたはメンバーが発言を終えた後、その内容を要約してますか?
あなたは反対意見が出ることを好ましく感じていますか?
あなたはメンバーが話をしているとき、メモを取ったり相槌を打っていますか?
あなたは悪い報告を伝える社員に感謝をしていますか?
あなたは失敗した社員と一緒に検討していますか?
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

日本で「働き方改革」がしきりと叫ばれていますが、その内容のほとんどは「いかにして残業時間を減らすか」であり、肝心の「いかにして成果を上げるか」はすっかりおいてきぼりをくっています。これでは何のための働き方改革かわかりません。
大切なのは「いかにして成果を上げるか」「いかにして生産性を上げるか」「いかにしてイノベーションを起こすか」であり、それさえできれば「何時間働くか」「残業はどうするか」はさしたる問題ではありません。
問題なのは「成果も上がらないのにだらだらと長時間残業をする」という働き方であり、しっかりと成果が上がれば働く人も企業も「時間」などあまり気にすることはないのです。

では、成果を上げるためには何が必要なのでしょうか?
そのひとつの答えとしてグーグルが提示したのが「チームを成功へと導く5つのキーワード」です。

「心理的安全性」
「信頼性」
「構造と明瞭さ」
「仕事の意味」
「仕事のインパクト」

この5つのキーワードをもとに、グーグル流の「チームのつくり方、運営の仕方、採用の仕方、失敗を恐れない仕事の進め方」などを紹介し、成果を上げ続けるチームを作りたいと考えている人の参考となることを目指します。


「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア