FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

会社で働きながら6ケ月で起業する 著者 新井一

会社で働きながら6ケ月で起業する
著者 新井一




新たな知識を求めてこの本と出逢う
働き方改革により、残業が減り残業代が減り、年収が減り始めています。
どうすれば良いのでしょうか?
副業しかありません。
そんな時代に突入したのです。
起業する事は大変難しいのです。
企業して約1年で約4割が倒産しております。
だからこそ、辞めずに起業する事をお勧めします、という事です。
ビジネスで成功するには、知、人、金の3バランスが必要です。
どれを欠かしてもいけません。
知識は、私達を前進させる力となります。
人は、私達を支える、引き上げる力です。
カネは、知を得るためにも、人を得るためにも必要となる力です。
自分が何に興味を持ち、何がしたいのかを探す旅から始まる。
まずは、そこからである。
それを考えると如何に、遊び、如何に旅をするのかではないかと考える。
これから起業するにあたり最低限欲しいものがあります。
その1つはビジネスについての専門知識です。
そしてお客様に知ってもらうことも大切です。
顧客獲得のための知識となります。
誰もあなたの事など知らないと言う現実を突破できずに終わってしまうことが多々あります。
最後に必要なのは経営のための知識となります。
いろいろなものを管理するための知識が必要となってくるのです。
数字をきちんと管理しておかないと後で困ってしまうのは自分自身です。
人に頼る事は決して悪いことではありません。
話を聞いてくれる人、自分を受け止めてくれる人、応援してくれる人を頼りましょう。
ご家族の理解や協力なしに企業の準備を進めることが非常に困難なことです。
そして3種類のお金が必要となります。
それは「生活のための資金」、「投資資金」、「ビジネス構築後の運転資金」となります。
これらの資金のために借金をする必要はありません。
よくよく考えて動かなければなりません。
儲け話系の副業は決してうまくいくわけありません。
だからこそ努力をすることが大切なことです。
それが周りの人を幸せにできる事業なのか、誇りを持って人に言える事業なのか、長く続けられて楽しそうなことなのか、これが大切なことです。
そして強い人脈を作ることが大切なことです。
世の中には企業並みと言う言葉もありますので気をつけて頑張っていきましょう。
思い立ったらとにかくすぐ行動することが大切なことです。
最初から大きなことなどできない、大失敗したくても事業規模が石町なのだからたいした失敗もできないと言うことが大いにあります。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


好きな人とだけ仕事する! 最少リスクで失敗回避!

「会社がイヤだ」「給料が少ない」の悩みをすべて解決
人生のフリーパスを手に入れる!

・趣味の副業で月50万円
・独立、法人化で月200万円など
無理のない形で事業を拡大!

ビジネスのアイデア、人脈、集客・マーケティング、資金繰りなどの基礎が見につく


1万人超の起業を支援し、起業できる人とできない人の違いを見極めてきた著者が教える
「180日でできる起業準備トレーニング法」。
どうすれば、最小のリスクで起業ができるのか。
それは会社に勤めながら「知」「人」「金」の3要素を高めていくこと。
それができれば、誰でも自分のやりたいビジネスを始められるようになる。

新井 一(あらい・はじめ)
1万人の起業をプロデュースした「起業のプロ」。
1973年生まれ。会社員のまま始める起業準備塾「起業18フォーラム」主宰のほか、インターネットからの集客術に特化した起業家向けマーケティング支援などを行う。社会とのかかわり方に問題を抱え、高校・大学と海外のスクールに単身就学。帰国後、日本の企業に就職するも、人嫌いを克服できず、さまざまな失敗を繰り返す。社会になじめず、会社になじめず、自分の居場所を探して、15年間、会社員をしながら事業を続け、独立後は「起業のプロ」として起業家を育てる。
特徴は「人生を変えたい」と願う会社員はもちろん、自立を目指す主婦からニート、フリーター、落ちこぼれまで、起業とは程遠いと思われがちな人材を一発逆転させてきたこと。「一緒に考える起業支援キャリアカウンセラー」として高い評価を受けている。
主な著書に『朝晩30分好きなことで起業する』『会社を辞めずに「あと5万円!」稼ぐ』(共に大和書房)、『会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業』(明日香出版社)がある。

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア