FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

捨て本 著者 堀江貴文

捨て本
著者 堀江貴文




新たな知識を求めてこの本と出逢う
大切なモノを捨てていくことが、本当に大切なモノにアクセスする手段となる。
時代の変化点にきている、ブランドより自分にとって必要なものが優先される。
自分が求める質を大切にしていれば、低い年収でも幸せは手に入る。
お金で買えるものに、時間と資金を投じるのは無意味である。
獲得と所有を一緒にしてはならない。
獲得は報酬である。
所有はリスクである。
金で満たされるものに時間と出費を投じるのは、無意味である。
まさにその通り。
ビジネスにおいても、少しの利益のために、少しの稼ぎのために自分で行うという風習が日本には存在する。
これは、稼ぐチャンスを捨てているだけである。
また、堀江貴文氏は面白い考え方をしている。
孤独に悩んでいる人は、きっと性格の問題ではなく、やりたいこと不足なのだと、これはまさにその通りである。
なぜ友達つくりをしなければならないのか?
それは、自分がしたい事がないからである。
だからこそ、熱中できる、何かを探さなければならない。
プライドは所有欲と同じくらい捨てても良いものである。
プライドほど、いらないものはない。
これは、人生においてもである。
プライド、もしくはミエ、これが貴方の将来を妨げる。
意見が違うのは当たり前、違う意見を受け止める必要がある。
そう感じます。
最近は人のせいにする人が増えている。
進めるべき事があるのであれば、借金してでもすべきである。
ただし、ぎゃんぶるや遊びなどの借金は駄目。
進めるべき事がある幸せを感じ取らなければならない。
ビジネスは、目的と利害関係が一致すればたいがい上手くいくものである。
合わない人は切り捨てる、切り捨てる以外選択肢はない。
この精神的強さが堀江貴文氏の魅力であろう。
捨てた事に痛みを感じるのは、ヒマだからである。
ヒマがなくなるほど働けば痛みはなくなる。
そのような考え方も大切である。
捨てること、それは前に進むことである。
人にはいろいろな出来事が起こり、人にはいろいろな困難が待ち受けている。
そんな世の中でも前に進まなければならない。
だからこそ捨てることが大切だということだ。
そして人を信用しすぎてはいけない。
人を信用するなと言うことでは無い100%信用するなと言うことである。
人は生きる人種だからです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア