FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

金庫番の娘 著者 伊兼源太郎

金庫番の娘
著者 伊兼源太郎





新たな知識を求めてこの本と出逢う
誰が政治をしても同じである。
だからこそ、私が政治を変える。
そんな心意気のある政治家が実際にはどれくらい、いるのであろうか?
否定的な意見を述べたらそれまで。
肯定的に捉えた方が人生は楽しい。
だからこそ後向かず、常に前を向いて進まなければならない。
トンボが縁起の良い生き物だと言われている。
それは何故か?
トンボは前にしか進まないからである。
政治に対してもそのような考えを持たなければならないかもしれない。
だが突然興味を持てといっても興味を持つものではない。
だからこそこのような小説を通して興味を持つことが大切なのである。
そうすればする事は1つである。
政治を題材とした小説を増やすことである。
小説を読む人たちが1人でも多く政治に興味を持つことによりこのような小説が存在した意義があるのである。
政治は裏で動いていく。
どの世界にも表と裏がある。
それを学ぶことが大切であり、そしてお金で動くということを知らなければならない。
どの世界もきれいな世界だけではない、もちろん汚い世界も存在する。
そこが力なのである。
政治は決してきれいな世界ではない。
政治はやはり汚い世界である。
それでもこの国が良くなるのであれば、問題ないのである。
この国が住みやすい国になるように、この国が新しい価値観を持つ国になるように、新しい社会を求めて私たちは成長していかなければならない。
そこに新しい発見があるのである。
そしてそこに素晴らしい世界があるのである。
それをこれは小説で教えてくれている。
いきなり政治に興味を持つことが非常に難しいことである。
だからこそこのような小説の中で政治を学んでいくことが大切である。
なんでもそうであるがまずは興味を持つことがとても大切である。
興味を持つことにより人は成長していくし、人は学んでいく。
だからこそ興味を持たなければならない。
そのために人は本を読んで成長していく。
しかし残念ながら最近本を読む人が減っている。
だからこそ本を応援してほしいと思う。
本を読むことにより本の業界を応援する。
そして本の世界が発展し、より良い人間、より良い人をこの世の中に作って欲しい。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

日本の政治は終わってる! だったら私が変えてやる!

国のため、社会のため、企業のため、
個人が人知れず犠牲を強いられるのは絶対におかしい。
私物化された権力の横暴を前に、新米政治家秘書が見出した道とは――?


ベテラン衆議院議員・久富隆一の秘書を父に持つ藤木花織は、十年近く働いた一流商社を辞め、久富事務所に転職。慣れない業務に慌ただしい毎日を送る中、突然久富から呼び出され、父と一緒に財務秘書――<金庫番>になるよう打診される。
実は政治が好きでもなければ、興味もなかった花織は、誰にも明かせぬ理由を胸に、この世界に飛び込んでいたのだが……。

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア