FC2ブログ

読書と足跡

0

2021年まで待ちなさい! 著者 菅下清廣

2021年まで待ちなさい!
著者 菅下清廣


新たな知識を求めてこの本と出逢う
株式投資の基本はバリュー投資であり、バリュー投資とは現在の株価が本来の価値よりも割安な株を探して投資すると言う手法です。
これで有名なのがウォーレンバフェットです。
ウォーレンバフェットは言います、ルール1、絶対に損をしないこと、ルールに、ルール1を忘れないこと。
リスクの低い割安株を探して投資するそれだけなのです。
もう一つはグロース投資です。
企業の未来の成長性に期待して投資する方法であります。
これで有名なのがジムロジャースです。
小さな資金をさらに大きくして増やしていくこと、これがとても大切なことです。
売り上げが数億円でも、時価総額が1戦億円を上回る企業も登場するのです。
だからこそ株は面白いのです。
2019年は増税がありました。
増税は株価下落のサインです。
しかし増税で株価は下落するが、前回ほど下がらないと言うふうに考える人たちが多いのです。
そしてもう一つ注目しなければいけないのか真似が今どこに向かっているのかです。
2018年までは主に中国にマネーが集中していました。
しかしこれが方向転換をしているのです。
中国経済は2018年あたりまでがピークではないかと見られています。
そして中国から新興国へ移動する世界のマネーここに注目しなければなりません。
アメリカとその友好国、中国とその周辺のアジア、EUとイギリスです。
注目されているのが中南米でメキシコ、コロンビアです。
そしてアジアではインド、タイ、インドネシア、ベトナム、EUではイタリア、スペイン、ギリシャ、ポルトガルです。
株が上がるときは債権が売られ債権が上がるときは株が売られます。
だからこそ今ドル資産を持ちなさいと言われています。
信じるかどうかはあなた次第です。
アメリカ経済は本格的なインフレに突入すると言われています。
インフレは2%程度が適温と言われています。
インフレは逆に6%前後が危険LINEと言われています。
なぜインフレを目指すのか、それは赤字を減らすためです。
つまり通貨の価値を下げることにより赤字を減らしていこうと言う考え方です。
それしかありません。
アメリカファーストによってアメリカ製品をもっと購入させようと言う考え方があります。
アメリカから武器や戦闘機を買うこと、=アメリカの景気を支えることになります。
それが日本と台湾に来ているのです。
こんな世の中であなたは何をするのでしょうか?
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


2019年までに株でお金持ちになりなさい

2016-2017資産はこの『黄金株』で殖やしなさい!

2014年、平成の大相場がやってくる!

2014年 大相場のゆくえ株式市場はこうなる!

「経済の千里眼」こと菅下清廣が、2019〜2021年、直近3年間の投資戦略を未来予測とともに大公開!
激変と激動の時代に資産を倍増、3倍増させる手法を明かす禁断の一書、ついに刊行。

・アメリカのみならず、日本でもすでにIPOバブル始まっている?
・世界のマネーはどこに向かっているのか?
・トランプの登場で根本から変わった世界の枠組みとは?
・アメリカ、中国、ロシア、EU、南北朝鮮、アジア……国家トレンドから見た世界情勢は今後どうなる?
・アメリカ市場は、2021年にピークを迎える?
・狙うべき日本版GAFA株とは?

著者独自の波動理論、人と国家のトレンドを予測する算命学を元にはじき出した仮説を、世界に張りめぐらした情報網から得た確度の高い情報(材料)とともに市場の動向を分析。
経済の千里眼が導き出した2021年まで待つべき理由とは果たして……。

あなたは何社知っているか? プロでもなかなか気づかない厳選21銘柄に瞠目せよ!

2021年まで待ちなさい! (【資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 】番外編)

新品価格
¥1,760から
(2019/12/1 20:07時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ