FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

まだ間に合う! 定年までに複数収入をつくる「お金革命」 50歳からの稼ぎの新習慣 著者 船ケ山哲

まだ間に合う! 定年までに複数収入をつくる「お金革命」 50歳からの稼ぎの新習慣
著者 船ケ山哲



新たな知識を求めてこの本と出逢う
情報に振り回されず、これまでの自分の経験を武器とすることが大切である。
これまでの自分の経験をビジネスにすると言う意識を持つことが成功のポイントである。
既に持っているリソースを洗い出そう。
今の仕事で、いくらの利益を上げ、いくらの給料をもらっているか再確認する必要がある。
世の中にどんな価値が提供できるかを考える。
フリーランスではなく起業家になる必要がある。
手を動かして続けなければいけない仕事は卒業しよう。
人に教えると言う価値の提供の仕方をしよう。
足を使うようなビジネスは、今のうちにやめておこう。
無駄遣いは一切排除する必要がある。
わざわざ事務所を借りる必要は無い、レンタルオフィスで充分である。
名刺はケチってはいけない、特に新規客は無意識に貧乏人を嫌う。
積極的に使うお金と、徹底して節約するお金の基準を持つことが大切である。
攻めは大胆にしていこう。
集客とセールスから目を背けてはいけません。
商品をベースに考えるのではなく、顧客をベースに考える必要があるのである。
サラリーマン時代の名刺には、チャンスがたくさんあるのである。
顧客が今抱えている問題をビジネスにする必要がある。
実際に体験して、感想を熱量を込めて伝えるだけで売れるものである。
ゼロイチ→再現の繰り返しである。
何が何でも、ファーストキャッシュに集中しよう。
ターゲットとポジショニングは、顧客に決めてもらうものである。
一見ずつ大切にするのがポイントである。
価値パタンの再現でビジネスはうまくいくものである。
細かい数字を出すことから逃げてはいけない。
顧客がどの程度反応してくれたかをリサーチする必要がある。
もう充分とは考えず、常にまだまだと考える必要がある。
複数収入の作り方の究極型である自動化を目指す必要がある。
金融や不動産投資ではなく、ビジネスから始める必要がある。
50,000円の商品が毎日売れる仕組みを構築するものである。
メールもセミナーも自動化してしまう必要がある。
外部の有能なプロに任せる必要がある。
広告運用も代理店に丸投げしてしまえば良いものである。
方法はいろいろあるけど前に進むのが1番大切である。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?



お金と自由をもたらす最速の稼ぎ方 著者 船ヶ山哲

これまでの経験があるからこそできる、あなただけのビジネスで、いまの10倍、100倍を稼ぐことが可能になる「お金革命」! 起業後わずか5年で1000社以上のクライアントを指導し、自身も自由な時間を手に入れ理想の生活を送っている著者が、お金に困ることのない老後を送るための、「失敗しない複数収入の作り方」を伝授。インターネットにそこまでくわしくない方でも、無理なく自分のビジネスをスタートさせ、会社員時代とは比較にならない収入を得てもらう方法を、ステップバイステップでお伝えします! ・40~50代でゼロから資産家となった筆者のクライアント事例 ・会社員時代のリソースを活かせば、リスクなく稼げる ・定年後は、自宅でできるビジネスモデルを採用しろ ・お金を生み出す「攻めのお金」を徹底解説 ・10億円までのビジネスは、集客とセールスだけ ・最強のセールス手法は「体験談を楽しそうに語る」こと ・15個も売れれば、その道のプロとなれる

まだ間に合う! 定年までに複数収入をつくる「お金革命」 50歳からの稼ぎの新習慣 (きずな出版)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア