FC2ブログ

読書と足跡

0

正しい女たち 著者 千早茜

正しい女たち
著者 千早茜


新たな知識を求めてこの本と出逢う
千早先生の本としては、他にも読ませて頂いた。
からまる』、『ガーデン』。
自分を正当化する、女も男も存在する。
親友のために、愛人の奥さんに別れを告げる。
親友がどれだけ悲しんだとしても、正しい道に導かなければならない。
だからこそ、親友のために別れ道を与えるためにも。
色々な考え方があり、色々な価値観がある。
だからこそ、人間は面白い。
自分のしたことが友達のためになる。
それは本当にそうなのであろうか?
本当は端迷惑では無いであろうか?
人は迷いながら判断していく。
その判断がときには間違ってしまう。
でも判断しないことには判断力がつかない。
だからこそ人は判断することを、判断することから逃げてはいけないのである。
それが恋愛であり仕事でもあり判断することによって人は成長するのかもしれない。
そうやって人間は新しい価値観を身に付けていくのかもしれない。
だからこそ判断から逃げてはいけないのかもしれない。
友達のために動くと言うことがきっかけでしかないのである。
そして人は誤解を生むものである。
ただ高校生に勉強を教えたいそれだけである。
しかしそれがときには誤解を生んでしまうのである。
でもそこに信用があるからこそ信念に基づき動くのである。
それはあなたにとって大切なことであるか、もしくは暇つぶしであるかはわからない。
しかし人は一生懸命判断して動くのである。
一生懸命決断するのである。
そうやって人は新しい人生を歩んでいくのである。
そして新しい価値観を手に入れて包んである。
そして新しい環境を手に入れていくのである。
少なくとも成長が止まってはいけないのである。
やはり人は成長していかなければならないそれは恋愛においてもビジネスにおいても同じであると言うことをこの物語を教えてくれるのである。
だから恋愛は素晴らしいものである。
だから恋愛をしたほうがいいと言われるのである。
恋愛から逃れていては成長が止まってしまうのである。
恋愛から逃げてはいけない、むしろ恋愛に立ち向かっていかなければならない。
そして恋愛を楽しむべきである。
それは少なくともあなたにとって1人として成長につながっていくのある。
だから恋愛を楽しもう。
そして恋愛を楽しもう。
そして恋愛を極めよう。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?



日常には、空洞になっているものがある。
頭の片隅では意識しているのに、はっきりとは言葉にしないもの。
偏見や差別、女性の年齢や容姿、金銭状況、家庭の事情、セックス。
安易に触れてしまうとヤバいもの。
ヤバいけれど、ヤバいだけあって、みんな本当は興味津々ーー。
(本文より)

セックス、結婚、プライド、老い…。

話題にしにく、でも最大の関心事。
その正しい姿をモチーフに描かれた、覗き見したい六つの物語。

「温室の友情」
「海辺の先生」
「偽物のセックス」
「幸福な離婚」
「桃のプライド」
「描かれた若さ」

正しい女たち

新品価格
¥1,650から
(2020/2/23 10:33時点)














にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ

フリーエリア