FC2ブログ

読書と足跡

0

脳を鍛えると生産性が上がる: 仕事のパフォーマンスが最大化する脳力の高め方 著者 北村良子

脳を鍛えると生産性が上がる: 仕事のパフォーマンスが最大化する脳力の高め方
著者 北村良子


新たな知識を求めてこの本と出逢う
ビジネスマンとしての成長を望む、とても大切な事である。
どのような、努力が必要であろうか?
さぁ、考えてみよう。
まずは、『読書をする』これが1番となります。
ミスを起こす3大要因は?
『脳疲労』『マンネリ』『老化』となります。
新しい知識を得ることにより、新しい刺激が生まれます。
脳にはその新しい刺激が必要なのです。
脳も体と同じように老化を防ぐことができ、実年齢より若いのを作ることができるんです。
保持できる情報が多く今の作業に必要な「記憶」常に脳にインプットされている状態を作るべきなのです。
この差を作っているのは、ワーキングメモリの使い方と強さなのです。
ワーキングメモリは鍛えることで大きく能力を伸ばすことができます。
ワーキングメモリの強さがそのまま仕事ができる能力に直結していくのです。
ワーキングメモリが強い状態を作ることができれば今集中すべきことに思考や注意を集中させることができるようになります。
集中力を高めること、注意力を維持する事は、ワーキングメモリの重要な機能となります。
脳は短時間の集中が得意である。
長時間集中力が続かないものである。
ワーク、リセット、ワーク、リセットの繰り返しが1番作業効率が良いのである。
脳にとって1番楽な方法とは?
今でなくても良いかと後回しにすることなのです。
人の物生まれながらの脳の力は遺伝子によって違いが生じます。
多くの才能に遺伝子が関係するようにワーキングメモリにも違いはあります。
しかしそれ以上に使うことにより鍛えることによってその能力を向上させるのがワーキングメモリなのです。
ワーキングメモリを強化すると今この瞬間に同時に備えておける情報量が増えるため必然的に思考の幅や視野が広がってくるのです。
不安を紙に書き出すことも効果的な処理の能力です。
To Do リストの活用はワーキングメモリの働き方を助けることができます。
何かしらのメモを取っておくと言う行動はワーキングメモリを解放する上でとても大切なことです。
何が悪い何が良いではなくどのようなやり方を取ったら良いのかを改めて考えさせられます。
最も集中状態を作るために効果的なのはタスクを区切ることです。
タスクを区切り集中して仕事をすることが1番大切なことです。
時間を明確にするとワーキングメモリーも活性化するのです。
運動と脳のトレーニングは最高の組み合わせになります。
だから運動しながら脳トレを行うと言うトレーニングをやってみることなのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


脳はいくつになっても若返る!
うっかりミス、ど忘れ、確認不足……
すべてのミスに効果抜群な27個の脳トレを掲載。

著書累計24万部突破のパズル作家、北村良子氏が
仕事のパフォーマンスを最大化する脳力の高め方を紹介します。

【本書はこんな人におすすめ!】
・仕事の効率が悪いと悩む人
・最近簡単なミスやもの忘れが激しいと感じている人
・忙しいはずなのに、仕事がはかどらない人
・集中力が続かないせいで、毎日残業している人
・最近簡単なミスやもの忘れが激しいと感じている人
・とにかく「仕事の生産性を上げたい!」と思う人

脳を鍛えるのに年齢も才能も関係ナシ!
仕事のスピードと質が同時に上がる最適な脳トレーニングをご紹介します!


< 本書の内容の一部 >

【第1章効率を最大化する脳の仕組み】
◎「うっかりミス」「残業続き」……原因は脳にある
◎仕事の「速さ」と「質」は脳のキャパシティで決まる
◎脳はいくつになっても成長する

【第2章脳のパフォーマンスを高め、集中力を引き出す】
◎脳力分散が作業効率アップのカギ
◎集中力を高める3つの方法
◎脳を休ませてリセットする

【第3章生産性が高い脳に変わる3つの習慣】
◎軽度の運動が効果バツグン
◎未経験の出来事が、脳を活性化させる
◎脳にとって一番の刺激は「自分で決める」こと

【第4章】
◎頭の回転力を鍛えるトレーニング
◎集中力を鍛えるトレーニング
◎同時記憶・作業力を鍛えるトレーニング










にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ

フリーエリア