FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

1

未来を共創する経営チームをつくる 著者 鈴木義幸 

未来を共創する経営チームをつくる
著者 鈴木義幸 





新たな知識を求めてこの本と出逢う
「トップマネジメントはチームになっているか?」
世界最大規模のコーチングファーム代表が語る
進化しつづける組織の条件とは「会社は社長で決まる」といわれます。
新聞・雑誌・テレビなど、さまざまなメディアが、躍進する企業の社長を取り上げます。
しかし、その成功は本当に経営トップ1人の力によるものでしょうか?
著者は、世界最大規模のコーチングファームの代表を務め、
20年以上にわたって、さまざまな企業のエグゼクティブをコーチングしてきました。
その経験から「会社は経営チームで決まる」といいます。
◎「一人ひとりが責任を果たす」がいちばん大切か?
本書の執筆動機を、著者はこう語ります。
〝継続的な右肩上がり〟を実現している会社は、経営チームが〝チームになって〟います。
社長の独壇場ではありません。一方、成長が続かなかったり、
環境の急激な変化に弱い会社は、多くの場合、経営チームがチームとして結束していないのです。
経営チームがチームになることは、ひょっとすると会社の最重要課題であるにもかかわらず、
経営者も役員も、そのことをあまり気に留めていない。
「経営者・役員は〝それぞれの職責〟をしっかり果たすことが大事である」
そう思っている経営者・役員はとても多いのです。
こうした認識に少しでも影響を与えたい。そう思って本書を執筆しました。
一人ひとりが責任を果たすことで実現するのは< 1+1+1=3>の組織。
< 1+1+1>が5にも10にも100にもなる。そうした〝共創するチーム〟になることが本書の目指すところです。


◎ハイパフォーマーがチームになるのは難しい
日本の組織では、それぞれが主張を表面化させて、侃々諤々の議論をすることはまれです。
気心の知れたオールドボーイズクラブとして振る舞ったり、
強力な軍隊型組織としてトップの意を汲み、それぞれの役割に邁進します。
しかし、現在のような厳しい経営環境下で〝オールドボーイズクラブ〟も
〝軍隊型組織〟も自ら変化を起こすことは困難です。
◎「ハイパフォーマーがチームになる」ために
会社の未来は経営チームにかかっています。
そして、組織きっての優秀な人材がチームになるのは簡単ではありません。
その困難な目標を実現するために、本書では「なぜ〝経営チーム〟をつくるのは難しいのか」にはじまり
「チームの土台をつくる」「チームを進化させる」「強いチームをつくる個人となる」まで、
困難な目標である「経営チームが〝チームになる〟」ための要点を紐解いていきます。
厳しい経営環境の中、チームをさらに強くするためにお役立ていただきたい1冊です。
鈴木 義幸(すずき・よしゆき)
株式会社コーチ・エィ代表取締役社長/エグゼクティブコーチ。
慶應義塾大学文学部人間関係学科社会学専攻卒業。
株式会社マッキャンエリクソン博報堂(現株式会社マッキャンエリクソン)に勤務後、渡米。ミドルテネシー州立大学大学院臨床心理学専攻修士課程を修了。帰国後、有限会社コーチ・トゥエンティワン(のち株式会社化)の設立に携わる
2001年、株式会社コーチ・エィ設立と同時に、取締役副社長に就任。2007年1月、取締役社長就任。2018年1月より現職。
200人を超える経営者のエグゼクティブ・コーチングを実施。
リーダー開発に従事すると伴に、企業の組織変革を手掛ける。
また、神戸大学大学院経営学研究科MBAコース『現代経営応用研究(コーチング)』をはじめ、数多くの大学において講師を務める。
『新コーチングが人を活かす』『リーダーが身につけたい25のこと』(ディスカヴァー)『新版 コーチングの基本』(日本実業出版社)など著書多数。
suzukiyoshiyuki.com
コーチ・エィ
コーチ・エィは 『関わりの可能性を、ひらく。』をミッションに 「個人と周囲の関係性」にアプローチするコーチング(システミック・コーチング)をいち早く体系化。
コーチングの専門会社として20年以上にわたる実績をもち、さまざまな業界での経験を有する100名以上のプロフェッショナル・コーチが在籍。日本語、英語、中国語(北京語・広東語)タイ語の5言語でグローバルなサービスを展開しています。
coacha.com
経営チームは4番ピッチャーの集まり。
独自の意見を持ち、我が強い。
だからこそ経営チームに入ることが出来るのです。
ですが、纏まる事は非常に難しい事です。
個性が強すぎます。
だからこそ、纏まる事が難しいのです。
ですが企業が成長するためにはワンチームになる必要があります。
経営チームに入る事が出来るのは400人に1人です。
前社長と新社長の周辺の人材は火種を抱える。
新スタートは日本では難しい。
前社長の退任と同時に周辺の人材も米国のホワイトハウスのように退任すれば話は早いですが、それもまた難しい問題です。
勝ち負けではないからです。
チームの目標と個人目標。
どちらを優先するか考えた時に個人の目標を優先する事が多い。
結局は個人の評価でしか企業は評価してないケースが多いからです。
説明ではチーム優先と聞くでしょう。
ですが、点数などを考えると個人で評価されているケースが多いのです。
どうすればチームを進化させることが出来るのかを考える必要があります。
対立が悪いのではありません。
意見が違うのです。
意見の違いをどう纏めるかが、チームとしての進化となります。
チームで成果をだすためにどうすれば良いかを考えるのです。

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

こんばんは

会社勤めで一番楽しいのはチームで成果を上げてともに喜ぶことなのですが
難しさも最大なんですよね。
非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア