FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

行動が結果を変える ハック大学式 最強の仕事術 著者 ハック大学ぺそ  

行動が結果を変える ハック大学式 最強の仕事術
著者 ハック大学ぺそ  





新たな知識を求めてこの本と出逢う
登録者数20万人の人気YouTubeチャンネル「ハック大学」、初の書籍です。
YouTubeで発信中の「すべてのビジネスマンにとって役立つで情報」を惜しむことなく図解化し、解説しました。
前半パートでは、スキルを身に着け遺憾なく発揮する方法を3つの章で解説しています。
[スキルを身に着け発揮する人]=【マインドセット】【学ぶ】【考える】
後半パートでは、行動に移し他者へ影響を与える方法を3つの章で解説しています。
[他者へ働きかけ市場価値を上げる人]=【動く】【伝える】【管理する】
この6つのコツをしっかり身につけたら、あなたは市場価値のあるビジネスマンに変われます!
スキルを身につけ力を発揮する人、マインドセット+学ぶ+考える=スキルアップ。他者へ働きかけ市場価値を高める人、動く+伝える+管理する=市場価値アップ。人気YouTubeチャンネルハック大学初の著書!学び続けることで逆転できる“ノウハウ”満載!市場価値を高める方法。
ハック大学ぺそは1988年生まれ。
主にYouTubeチャンネル「ハック大学」を通じて、仕事術/ キャリア戦略/ 日々の生活の質向上/ マネーリテラシー向上など、ビジネスマンに役立つ知見/情報を発信し、YouTubeチャンネル登録者数は約20万人を誇る。
企業に根強く残る古びた文化や慣習に対して新しい切り口で本質的な情報を語る現役の会社員。
事業会社、コンサルティングファームと渡り歩き、30歳を超えた今では外資系金融機関でマネージャーを勤め、年収約2,000万円を叩き出す。
副業では、自身のキャリアやマネジメントの経験から導き出された情報をYouTubeで発信するほか、審査基準が厳格な音声メディアVoicyでもパーソナリティを務め、VYONDを用いたアニメーション編集の動画講義AnimationHacksの受講者数も450名以上。
モノには値段があります。
食べ物にも値段がつきます。
人にも値段がつきます。
貴方にも値段がつきます。
その値段が貴方の価値となります。
いかに自分の値段を上げていくか?
人生を楽しんで生きるポイントとなるでしょう。
自分なりの人生を求めて。
小手先のテクニックは現段階では必要ありません。
まずはマインドセットから始めましょう。
どのように考えて、どのように対応していくか?
まずは考えて行動する事が大切になるでしょう。
考える事によって成長するからです、ヒトは。
読書時間を用いて学ぶことは大切です。
目的を達成しなければ評価されません。
本質をとらえて目標を達成しましょう。
背景は大切です。
ですが、背景よりも目的達成の方が評価されます。
だからこそ目的(結果)にこだわる必要があるのです。
読書する事で再確認できます。
読書時間のおかげです。
気にすることは社内評価ではありません。
市場評価です。
自分が外からどれだけ評価されているのか?これを知っておくことが大切です。
安定を求めてはいけません。
守るべきは「プライド」。
「見栄」ではありません。
古より「見栄」が滅ぼすと言われてます。
見栄をはったところで何か良い所はあるのでしょうか?
見栄をはったところで、いい気分になった自分しか残りません。
学びをやめると成長が止まります。
インプットはアウトプットを前提に行うのです。
アウトプットするためにインプットするのです。
思考する事です。
これを読書する事で学べます。
思考する事で成長する。
思考の後は即行動です。

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア