FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

「本の読み方」で人生が思い通りになる 読書革命著者 金川顕教

「本の読み方」で人生が思い通りになる 読書革命
著者 金川顕教





新たな知識を求めてこの本と出逢う
この世の中に、本と言うものがたくさんあります。
どの本を選んで、どの本から学ぶかはその人次第となります。
今の時代ネット社会であります。
しかし本を読む人が成功すると言うことを知っておかなければなりません。
YouTubeだけではなくSNSだけではなく、本を読む人が成功すると言うことを知っておいてほしいと言う気持ちがあります。
たくさん本を購入して人生を失敗人が少ないと言うことをよく聞きます。
成功する人は大抵の人が読書家であります。
日本のビジネスマンは読書量が減っているのではないかと心配になっています。
本を読むことだけが、読書をすることだけがビジネス力につながると言うわけではありません。
しかしビジネス力が高い人は読書をしている方が多いと言うことです。
有名な人たちは大抵が読書家と言われています。
たくさんの本を読み、読書時間を設けて新しい自分を見つけていますし、新しい価値観と出会っています。
常に学ぶ心と言うものは非常に大切なものです。
学ぶからこそ成長するのです。
本の読み方もたくさんあります。
どのような学び方をするかも人それぞれです。
1つだけ間違いないのは本を読む人たちが成功していると言うこと、成功するためには本を読むことが必要だと言う事です。
読書する事は知識を得るためだけではありません。
思考力を身に付けることも読書の目的となります。
今の時代も、これからの時代も、未来においても、考える力と言う事は非常に大切なことになってきます。
思考力というのがこれから問われる時代に突入してくるのです。
AIがもっと広がっていけばより思考力が大切になってきています。
しかし読書をしても説明できなければ意味がありません。
説明できるように読書をしていく必要があるのです。
成功と失敗を学べることが読書のメリットでもあります。
読書することで自己肯定感が高まることもあります。
読書することで思考の軸を鍛えられることもあります。
努力をする事はとても大切なことですし、努力を継続することで大幅な成長をすることができます。
読書時間をどのように用いるかもとても大切なことです。
読書時間は家に限ったわけでもありません。
カフェで読むことも良いですし、移動時間で読むことも大切です。
少ない時間で本を開くことが、新たな読書の癖をつける習慣となるでしょう。
どんな人も成功することもあれば失敗する人もいます。
どんなことをしても学ぶことがとても大切なことです。
本を読むことで他人の失敗を学ぶこともできるのです。
だからこそ本を読むことによって考える力をつけることが大切なことになってきます。
限られた時間をとにかく大切にすることです。
時間は皆平等に与えられています。
与えられた時間をどのようにして過ごすのか、これが勝ち組と負け組の差となるでしょう。
時間を買えと言う事はそういうことです。
どんな人生を送りたいかはその人次第となってきます。
少なくとも圧倒的な努力が必要となってきます。
それが読書であってもなくても圧倒的な努力が必要なってくるのです。
再確認することも読書の目的の1つとなります。
やはり圧倒的な努力こそがその人の人生を変える第一歩となるでしょう。

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア