FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

1

一人称単数 著者 村上春樹

一人称単数
著者 村上春樹





新たな知識を求めてこの本と出逢う
世の中にはいろいろな物語があります。
人生においての物語、本の中での物語、そしてあなたの物語。
どの物語も価値がある物語であります。
今回はいろいろな物語の短編集となります。
「石のまくらに」
簡単にまとめると一夜限りの相手との思い出。
どのような顔だったかも覚えてないし、どんな名前かも覚えていない。
しかし一夜過ごしたことだけは頭から離れない。
そんな記憶がある。
そんな記憶がある日々を送ったことがある。
未来に過去を思い出すこと、そんな素晴らしい日々を送ったことがあるでしょうか?
そんな1日が皆さんにはあるでしょうか?
ここには1つの物語の中に短歌と言うキーワードがあります。
この「短歌」が記憶を深く染み込ませているのかもしれません。
それもまた人生です。
「クリーム」
1つ年下の後輩に誘われた。
花束を持ってそちらに向かうとそこは…。
担がれたのかもしれない?
騙されたのかもしれない?
そんな思いをしたことがありますでしょうか?
「時間をかけて手間をかけて、その難しいことをなし遂げた時にな、それがそのまま人生のクリームになる」
「クレム・ド・ラ・クレム」これはクリームの中のクリーム、クリームの王様と言うことである。
この物語でどのようなことを学ぶかを非常に難しいものである。
人生のクリームを学ぶべきと言うことである。
しかし人生のクリームとは何か?
時間をかけて手間をかけてその難しいことを成し遂げた時に得ることができるもの、それが人生のクリーム。
面白い視点である。
チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァの物語に入っていきます。
自分が生きているのか、夢の中なのかわからない。
そんな事は今まで経験したことありますか?
経験したことがある人もいるでしょう。
経験したことがない人もいるでしょう。
どちらが正しいかではなくそういった経験をしたかどうかです。
そしてそれはあなた自身がそういうことがあると信じているかどうかがポイントとなってきます。
ウィズ・ザ・ビートルズの物語に入っていきます。
10代や20代前半の若い頃の恋愛と言うものは記憶に残っているものです。
それが遊びの恋愛ではなく、本気で人を好きになった恋愛であればあるほど記憶から消えないものです。
純粋にその人が好きだったのでしょう。
そのぐらいその人にはまっていたのでしょう。
どうして私たちは歳をとるとずる賢くなるのでしょうか?
改めて考える時が来ています。
次がヤクルト・スワローズ詩集の物語となります。
自分の仕事から頭を離れる趣味を持つこととても大切なことです。
そして仕事とは違う世界でがんばっている人間を改めて応援することも大切なことです。
謝肉祭。
人は見た目だけでは分かりません。
見た目が釣り合ってないカップルなどたくさんいます。
そこの狙いが本当は何なのかを考える必要があるかもしれません。
しかしどんな時間をその人と過ごしたかこれが1番大切でしょう。
品川猿の告白。
人は時として現実の世界と夢の世界の区別がつかなくなることがあります。
それが物語であったとしても、現実であったとしてもです。
偶然の一致かもしれません。
偶然の一致と言う思い込みかもしれません。
それでも人生は楽しいものです。
一人称短数。
世の中には理不尽に人を攻撃してくる人がいます。
とにかく目的がなく攻撃してくるのです。
それはその人自身の憂さ晴らしかもしれません。
それは自分に向けた言葉かもしれません。
自分を客観的に見た世界かもしれません。
それでも人が生きていくのです。
人生を生きていくのです。
辛い人生であっても、楽しい人生であっても。
どんな世界を望みますか?
本を読んでいろいろな空想が広がります。
それもまた楽しい人生ではないでしょうか?

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア