FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

日本人が知らない世界標準の働き方 著者 谷本 真由美

日本人が知らない世界標準の働き方
著者 谷本 真由美




新たな知識を求めてこの本と出逢う
「日本の常識は世界の非常識」
時代が変わろうとしています。
日本人の価値観が問われています。
今までは24時間働けますかがテーマであった時代ですがこれから本当にそのテーマで生きていくのが良いかどうかが問われています。
大切な事は自分の人生でどのような人生を送ったかです。
仕事をすることだけがあなたの人生で満足することでしょうか?
働き方=自分の生き方になっているでしょうか?
変化を求めているのではないでしょうか?
本屋さんに行くと働き方改革の本がたくさん並んでます。
時短の本もたくさん並んでます。
つまり人は違う時間を求めて違う価値観を求め始めているのです。
それは日本に変革の時が来たと言うことです。
ワークシフトと言う言葉も流行っています。
変化するのです。
働き方の変化が訪れているのです。
ためにも価値観を変えなければなりません。
今の価値観が正しいかどうかを変えなければなりません。
今の価値観は本当に正しいのでしょうか?
かつての日本は働き方の本は売れなかった。
しかし今は働き方の方が売れる。
これが変化を受け入れている証拠かもしれません。
そして変化を求めている証拠かもしれません。
本を読むことであなたの考え方や価値観は変わります。
本を購入することで世の中の流れが分かります。
今どのような本が流行っているのかを本屋さんで見る事は大切なことかもしれません。
今は本屋さんで本を買うのか、インターネットで本を買うのか変わってきます。
インターネットで本を買うことが悪いことではありません。
たまには本屋に足を運んでみるのも良いことです。
それを知っておくべきなのです。
日本人は向上心がありすぎるから悩むのです。
向上心があるこそ戸惑うのです。
仕事が命というのが日本の生き方かもしれません。
それは過去そうだったと言う事かもしれませんし、現実でそういう生き方をしてる人たちもいるかもしれません。
しかしそういう生き方を望んでない人たちもいるのです。
大切な事は価値観を押し付けないことです。
価値観を決して押し付けないことが大切です。
価値観は人それぞれ違うのです。
いろんな生き方がありいろんな考え方があるのです。
受け入れることが必要なのです。
受け入れることにより考え方が変わるのです。
そこにあなたの幸せがあるのかもしれませんし、戸惑いがあるのかもしれません。

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア