FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

1

我が闘争 本 感想 ~堀江貴文の生い立ちを知りたい人が読む本~

我が闘争 

著者 堀江貴文





 

いつだって、孤独だった。でも、誰かと分かり合いたかった。それでも、僕は闘い続けてきた。だから今、もう一度「宣戦布告」。

堀江貴文、早すぎる自叙伝。
幼少期、九州での窮屈だった時代、憧れの東京、東大時代、恋、起業、結婚、離婚、ITバブル、近鉄バファローズ買収への名乗り、衆議院選挙立候 補、ニッポン放送株買い占め、時価総額8000億円、ライブドア事件、逮捕、検察との闘い、服役、出所、そして新たなステージへ……。またたく間 に過ぎた日々の中で僕が直面してきたこと、すべて。
目の前のままならないこと、納得できないこと、許せないことと闘い続けてきた著者が、自分の半生を正直に語りつくす。

「ことごとく抵抗し続けた僕は、生意気な拝金主義者というレッテルを貼られ、挙げ句の果てには刑務所に入ることとなった。
こんなふうにしか生きられなかったので、後悔なんかはしていない。
僕はこれからも納得のいかないものとは徹底的に闘っていくつもりでいる。闘い自体を目的にしているわけではないが、僕がこの限られた人生で幸福を追求するためには、どうしても闘いは付いてまわるはずだ」 【本文より一部抜粋】

堀江貴文は中間層の家庭で育った!

堀江貴文は未来しか見ていない。

しかし 刑務所の中で暇だから過去を振り返った。

ただそれだけのことである。

彼の頭脳は、百科事典でつくられたのではなかろうか?

そして 子供の頃から感じていた。

自分には自分にあった場所が必要である。

自分自身を理解できるレベルが周りにいることが必要である。

よって環境が一番必要である。

常に効率の良い行動をとり、そして成果をみちびこうとする堀江貴文。

確かに彼は経営者の器である。

しかし 日本では 共感してくれる人は少ないであろう。

何が一番効率良いか?それを考える堀江貴文。

彼のように新しい考え方は受け入れられない。

それが日本社会の癌である。

日本の何も出来ない年寄りをどうするのか?

実力主義にするために!

日本は転換するタイミングである。

新しい考え方 新しい生き方 新しい社会のために!

前を向いて歩こう!

自分のために!


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

気になる人物なんですよね~
発言にしても行動にしても
自分が戦いを好まない人間
だからかも(^^♪
非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア