FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

1

背徳 濡れた共犯者たち

背徳 
濡れた共犯者たち
著者 大石圭





あなたに縛られたい――離れられない男と女の禁じられた世界を目撃する!
書き下ろしを含む官能サスペンス!
【あらすじ】真夏のリゾート地で、僕とエリコは二人だけの情事を重ねていた。19歳の僕にとって、彼女の身体は42歳を過ぎてもなお、日々美しくなっていく。誰にも渡したくない愛人。だが、エリコはまだ知らない。かつて、彼女は僕の母親だったことを―(「僕たちはすぐに、いなくなる」)。上司と部下、女教師と生徒等の支配と隷属の恋愛関係。それは誰にも言えない、ミステリアスな官能世界。あなただけが男と女の禁じられた共犯者たちを目撃する!
少し変わった近親相姦?ストーリーである。
自分を捨てた母を愛している。
自分を捨てた父から母を奪いたい。
母を?
ママを?
お母さんを?
愛おしい。
誰よりも愛おしい。
ママの足に脚に性欲を感じる。
下半身が反応する。
そして、唇にたどり着き、胸、生まれたばしょに戻っていく、くだりは、どきどき感を感じてしまう!
実の父親を殺し、実の母親を女として手に入れる。
高飛車で美人な妻を調教する。
月に一回の恒例のイベントである。
月に一回のはずが・・・。
背徳感が私を興奮させる。
暴力的にそして芸術的に。
快感という言葉を手に入れる。
これは神様への挑戦なのか?
人間としてのモラルへの挑戦なのか?
人は背徳という言葉に興奮を覚えるのか?
人は背徳という行為に興奮を覚えるのか?
人それぞれである。









ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

経験ないですけど
あるんだろうな~(^^♪
非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア