FC2ブログ

読書と足跡

0

ケモノの城  ~辛くなるので、苦手な人は避けるべき~

ケモノの城 

著者 誉田哲也

読書2

ある街で起きた監禁事件。保護された少女の証言に翻弄される警察。そんな中、少女が監禁されていたマンションの浴室から何人もの血痕が見つかった―。あまりにも深い闇に、果たして出口はあるのか?小説でしか描けない“現実”がここにある―。圧倒的な描写力で迫る衝撃のミステリー。

著者について
1969年東京都生まれ。学習院大学卒。2002年『妖の華』でムー伝奇ノベル大賞優秀賞、03年『アクセス』でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞。警察・犯罪・青春小説など、多彩な作風で多くの読者を惹きつけている。

始まりはDVをイメージさせるストーリーの始まりである。

通報してきたJK。

何があったのか?

やっぱりねという物語になっていくのか楽しみである。

事件はどこに向かうのだろうか?

そして やはり物語はdvの物語であった。

「暴力」この言葉にどのような意味をとらえるのか?

人間に与えられた試練なのかもしれない。

人間は暴力をふるい、動物を殺し、戦争を行い、ほかのものうばう。

何をウバうのかはその時次第である。

奪う!

また この言葉にも暴力を連想させる。

人間は暴力により自分の価値を見出す。

悲しいがこれが現実である。

自分を守る。

そのために他人をぎせいにする。

そして、二つのストーリーが交差する。

そしてうかび上がるもうひとつのストーリー。

真実はどこにあるのだろうか?

真犯人は?









ケモノの城


新品価格
¥1,728から
(2015/10/17 19:26時点)












ケモノの城 [ 誉田哲也 ]


価格:1,728円
(2015/10/17 19:26時点)
感想(4件)





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ

フリーエリア