FC2ブログ

読書と足跡

0

金融世界大戦 第三次大戦はすでに始まっている   ~時代の流れの復習に~

金融世界大戦 第三次大戦はすでに始まっている

著者 田中宇

読書2

第三次世界大戦がすでに始まっている! ?
そもそも世界大戦とは世界覇権を賭けた戦争だ。
第一次世界大戦は英国覇権に対して独墺が、
第二次世界大戦は英米覇権に対して独(日伊)が挑んだ。

今回の大戦は兵器を使った従来の軍事戦争ではなく、
ドルと金融システムによる覇権を米国が守るか失うか、
中露やEUが覇権を分割するかどうかの金融戦争である。
史上最高値を更新するNY株式市場や債権市場は、
一見米国の独り勝ちを思わせるが実際は違う。
その実態はリーマン危機に始まる金融システムの崩壊を、
QEによって辛くも凌いできた結果のバブル経済にすぎない。
現在、この米国・ドル覇権を見限る動きが世界各国で始まっている。

そしてそれを決定づけたのが、
OPECによる原油減産見送りだった…。
水面下で火蓋を切った金融世界大戦の主役は?
その勝敗は?
リーマン危機を超える金融のシステム崩壊とは?
大戦後の世界はどうなるか?
そして、米国のQEに替わるべく
追加金融緩和をしたアベノミクス日本の運命は?
国際政治ジャーナリスト田中宇が世界情勢の真相を分析する話題作!

【目次】
第1章 ドル崩壊が近い!
●アメリカ 虚像の好景気
●ドル崩壊の兆候

第2章 覇権の世界史と「多極化」
●世界の根幹にある覇権の変動
●覇権の起源:パックス・ブリタニカ
●「多極化」で読み解く政治史:1914~

第3章 米国金融覇権の時代
●レバレッジ型金融革命
●金融覇権の仕組み

第4章 第三次世界大戦はすでに始まっている
●「世界大戦」とは覇権をめぐる戦い
●中国と手を組みロシア
●BRICの覇権戦略
●対米従属に固執する日本
金融世界大戦の新局面

量的緩和QEは、インフレ目標のためにしてるのではない。

債権の暴落を阻止するためにおこなっている。

どこの?

アメリカである。

アメリカは自国の限界を感じ、同盟国に、役割をわたした。

その役割は、日本とEUである。

どこまでもつのか?

これがポイントになるであろう。

対抗馬の位置にいるのが中国����である。

中国����がどう動くか?

これがポイントになるだろう。

誤魔化しはきかない。

時は遅し。

発表されている数字はごまかしである。

アメリカは正社員が減っている。

増えているのは派遣社員などの非正規社員である。

でも雇用統計には反映されない。

よってアメリカの実態の経済はボロボロである。

中国はアメリカに経済戦争しかけている。

貨幣戦争である。

これから、どうなるのであろうか?

世界が変わろうとしている。

変化を求めている。

ユダヤの敵はユダヤである。

ネットワークを資本の回転のために使いたいユダヤと、帝国の維持のために使いたいユダヤがいる。

この対決が戦争を起こしている。

今の世界状況は、中国とロシアがアメリカに喧嘩を売っている。

アメリカの脱落を望んでいる。

それに気づかないのがアメリカのオバマ大統領である。

この時代は、そう思われていた。

そして時は過ぎ、トランプへ!









金融世界大戦 第三次大戦はすでに始まっている


新品価格
¥1,836から
(2015/10/28 22:10時点)












金融世界大戦 第三次大戦はすでに始まっている[本/雑誌] / 田中宇/著


価格:1,836円
(2015/10/28 22:11時点)
感想(0件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ

フリーエリア