FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

1

一生お金に困らない生き方  ~お金に悩んでいる人へ~

一生お金に困らない生き方

著者 心屋仁之助

読書2

●お金に対する思いって、なんかヤらしい。がめつい。品がない……。でも、ほしい。でも、あんまりほしがってるって知られたくない。でも、どうすればちゃんと「必要なお金が入ってくる人」になれるでしょうか?

●本書は、19年間会社員をやってきて、今はカウンセラーとして、自由と豊かさを得た著者がはじめて書いたお金の本。以前はお金に苦労したこともある著者が、ひょんなことから見つけた、「お金に困らなくなる方法」について書かれています。

●損をすれば、豊かさが返ってくる。お金も空気も愛情も、出せば回る。これが宇宙の法則です。お金をちゃんと使って、世の中にめぐらせる。自分が好きなものに使って、自分を喜ばせる。お金をケチらない。お金の流れを止めない…。気づいたら、頑張ってないのにお金がいっぱい入って、困らない人になっていた。そんな人になれるはずです。

お金持ちになるためにはお金の増やし方ではなくあり方必要である。

お金の出口を考える。

日本人の成人男子の1年間の平均寄付額はたったの2,500円。

これに対しアメリカ人は平均13万円も寄付をしているそうです。

お金をいかに減らさないかを考えるのが日本人でありお金をいかに使うかがアメリカ人の考え方であるこれは稼ぎ方にもさが出てくる。

お金が入ってくることが難しいと考えているから日本人はそのような考え方になる。

アメリカ人はお金が入ってくることは簡単だったからお金の使い方を考えるという考え方をする。

お金を欲しいと言う思う気持ちは安心が欲しいと思っているからである。

それは選択する自由が欲しいからである。

お金さえあればお金さえ入ってくれば選択する自由が手に入れることができる。

我慢する必要がなくなる。

だから人はお金を欲しがる。

そういうことだ。

給料後は会社に自分が楽を決めさせているのです。

お金儲けのやり方ではなくお金に対する大前提を知ることです。

何もしなくても価値がある存在給と、努力に価値がつく歩合給。

増やすのは存在給である。

楽にお金を稼ぐために必要なのは存在給である。

お金はその場にある。

空気と同じようにある。

金は目の前にある。

気づく努力をしよう。









一生お金に困らない生き方


新品価格
¥1,296から
(2015/10/28 22:14時点)












一生お金に困らない生き方 [ 心屋仁之助 ]


価格:1,296円
(2015/10/28 22:15時点)
感想(10件)





にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

存在給について勉強したい
素直に思いました(^^♪
非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア