FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

百年法  ~生きる事を考える人へ~

百年法
著者 山田宗樹






不老化処置を受けた国民は処置後百年を以て死ななければならない―国力増大を目的とした「百年法」が成立した日本に、最初の百年目が訪れようとしていた。処置を施され、外見は若いままの母親は「強制の死」の前夜、最愛の息子との別れを惜しみ、官僚は葛藤を胸に責務をこなし、政治家は思惑のため暗躍し、テロリストは力で理想の世界を目指す…。来るべき時代と翻弄される人間を描く、衝撃のエンターテインメント!

不老化処置を受けた国民は処置後百年を以て死ななければならない―円滑な世代交代を目論んだ「百年法」を拒否する者が続出。「死の強制」から逃れる者や、不老化処置をあえて受けず、人間らしく人生を全うする人々は、独自のコミュニティを形成し活路を見いだす。しかし、それを焼き払うかのように、政府の追っ手が非情に迫る…世間が救世主を求める中、少しずつ歪み出す世界に、国民が下した日本の未来は!?驚愕の結末!

不老不死を手にしたものは100年後に死ぬなければならない。

斬新的な話でなかろうか?

不老不死人間が求める最高の宝物。

でもそれを手に入れることで人類の発展を止めることにもなる。

人はなぜ生まれてくるのであろうか?

生きるために生まれてくのであろうか?

幸せってなんだろう?

生きてるということ?

それであれば私を幸せなの?

生きることが幸せなの?

それとも他に幸せってあるの。

百年法はそれを考えさせる法律でもある。

区別されるのは人間という、括り。

そして職場の肩書である。

後はみんな人間である。

なぜなら見た目は変わらないからである。

手術を受けた歳のままの見た目で、ある。

歳をとらないことにはそれなりに問題がある。

人口が減らない。

百年後に死ぬと決まった人生とは。

死なないと言う現実を下に、生きる大切さを教えている。

死なないから生きる大切さがわかる。

この百年法とは命と言うことに対してどのように考えるかを問いかける小説である。

生きる意味を考える機会かもしれません。





ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア