FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

奇面館の殺人

奇面館の殺人
著者 綾辻行人






季節外れ吹雪で孤立した館、奇面館。主人影山逸史に招かれた六人の客はそれぞれの仮面を被らされた。前代未聞の異様な状況下で、事件は進展する。主人の〈奇面の間〉に転がっていたのは、頭部と両手の指を切り落とされた凄惨な死体。六人の仮面には鍵がかけられていた。名探偵・鹿谷門実の圧巻の推理が始まる!

すべての登場人物の”顔”は鍵のかかった仮面の下に。幾多の仮面が壁一面を覆う〈奇面の間〉に転がっていた死体は、本当に主人・影山逸史のものなのか。数々の館を手がけた建築家中村青司の手になる奇面館で、名探偵・鹿谷門実の推理の果てに見えたものとは? 本格ミステリを牽引する名手・綾辻行人が放つ「館」シリーズ、読者待望の直球勝負。

世の中には、自分に似た人が存在する。

入れ替わり、代理にて人生をこなすことは可能か?

そしてそれに気づいてくのはいつだろうか?

目的は何なのだろうか?

何のために仮面をかぶせ、何のために人を殺すのであろうか?

仮面をかぶると言うことで、その人が同一性人物なのかどうかが不明になる。

今回の小説の目的はそこにあるの?

誰が生きていて誰が死ぬかそれがわからないそのポイントがどこにあるのか?

仮面の下の本当の顔。

これがポイントとなるであろう。

動機は何?

何故殺す?

何故?何故?何故?

仮面が目的なのか?

たまたま仮面になったのか?




ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

奇面館の殺人

奇面館の殺人 読書にオススメ 季節外れの吹雪で孤立した館、奇面館。主人影山逸史に招かれた六人の客はそれぞれの仮面を被らされた。前代未聞の異様な状況下で、事件は進展する。主人の〈奇面の間〉に転がっていたのは、頭部と両手の指を切り落とされた凄惨な死体。六人の仮面には鍵がかけられていた。名探偵・鹿谷門実の圧巻の推理が始まる! 奇面館の殺人(上) (講談社文庫)新品価格¥745...

「奇面館の殺人」 綾辻 行人

館シリーズ第9弾「奇面館の殺人」読了しました。 前作「暗黒館の殺人」のような怪奇幻想的な本格推理小説を想像していたのですが、「奇面館の殺人」は、怪奇的な要素は少なく(それでも日常を逸脱した場の設定は存在します)ミステリの「お遊び」をふんだんに盛り込んだ、「ああっ!(゚д゚)!」と叫んでしまうような結末が用意されていました。 「奇面館の殺人」 あらすじ 推理作家の鹿谷門実は、...
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア