FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

1

「熱狂なき株高」で踊らされる日本

「熱狂なき株高」で踊らされる日本
著者 副島隆彦






国家のなりふりかまわない市場操縦で日経平均の吊り上げは成功するだろう。しかし、異次元の超緩和マネーはいずれ行き場を失って、市場から復讐されるだろう。そうなれば国債は暴落である。安倍政権と日銀が進めるインフレターゲット、リフレ政策は必ず失敗する。なぜなら経済の原理を逆さまにした理論だからだ。彼らの理論的支柱である合理的期待形成学派は敗れる。いまこそ私たちはケインズに戻らなければならない。

日本政府は信用できない。

銀行も信用できない。

信用できるのは現金と金だけである。

今購入するのは金である。

株は政府系ファンドで上がっているだけである。

政府はどうしても株と不動産の価格を上昇させたい。

不動産といっても3大都市圏だけであるが。

よって地方の都市は不動産価格が上がる事は無いやろ。

と言うことは、賃貸の方が徳である。

今世界から金利がなくなっている。

どこの国の銀行も利子がつかない。

なぜなら金利がなくなったからである。

その代表的な国が日本である。

日本は今にがなく借金が増えどんどん貧乏国になっている。

そのことに気づいている人間が何人いるであろうか?

私は疑問に思う。

これだけ借金が増えているのにもかかわらず、日本国を信用してる日本人が。

なぜ疑わないのであろう?

借金がこんなにも多いのにもかかわらず。

信用できるのは自分だけである。

日経平均株価の上昇は官製で作られた相場である。

だからこそ信用できるのは自分だけである。

不動産の適正な価格は家賃収入× 20倍である。




ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

拙ブログへのコメント ありがとうございます
さばカツは値引き品であったため手が伸びました
非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア