FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

グリード 上

グリード 上
著者 真山仁







リーマンショック直前、鷲津政彦はアメリカ経済を長年牽引した超巨大企業、アメリカン・ドリーム社の奪取を目論んでいた。その行く手に立ちはだかる敵は、圧倒的財力を持つ「市場の守り神」サミュエル・ストラスバーグ。食うか食われるか、日米の国境を越えた死闘が幕を開ける! 「ハゲタカ」シリーズ第四弾

なぜ買うか?

なぜ買収するか?

それは欲しいからであって欲しいから購入してる。

ただそれだけである。

強欲こそ生きがいであるアメリカは強欲がなければ生きていけない。

そして話はサブプライムローンに入っていく。

世界を揺るがしたリーマンショックが話の中心となってくるのか??

非常に楽しみなストーリーである。

日本も今はアベノミクスにより、かなりバブル化ている。

バブルと言うものは膨れるものであり、はじけるものである。

いつどこでバブルが弾ける日が非常に楽しみである、と言う人間はどこにいるだろうか?

日本のハゲタカの本領発揮は?

大胆不敵なハゲタカの行動に注目が集まる。

日本とアメリカの戦いである。

リーマンショックは事前に分かっていた。

そこでハゲタカがどう動くかが分かれ道である。

エジソンは言った。

1%のひらめきと99パーセントの努力である。

これは努力をしなきゃいけないということではない。

いくら努力しても1%のひらめきがなければ意味がないということである。

つまり大事なのひらめきである。

努力ではない。




ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア