FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

『須磨明石』殺人事件

『須磨明石』殺人事件
著者 内田康夫






大阪の新聞社に勤める新人記者・前田淳子が失踪。依頼を受け、神戸に飛んだ浅見光彦は、淳子と最後に会った女子大の後輩・崎上由香里と捜索を始める。明石原人を取材中だった淳子を付け狙う謎の男の正体は

散歩すると、何故かたどり着くのは本屋さん。

更に本屋さんで散歩。

そしたら、フッと足が止まる。

ある文字、ある文章に興味を惹かれたからである。

それは、『これまで関わった事件で1番悲しかった』という文字である。

えっ⁉︎どんな事件?

そう思った瞬間その本を手に取っていた。

そして、その本を見つめている。

見つめた後レジに並ぶ。

購入である。

そーゆー経緯でこの本と巡り合った。

この話は兵庫県での話である。

よって兵庫県でない人間からすれば地名ができても正直よくわからないが、その地名を調べていく楽しさもある。

そして知り合いの女性先輩がなくなった。

その女性先輩を探して変な探偵さんと行動共にする。

ところが、その女性先輩の死体を見つけてしまう。



何故殺されたのか?

動機を追いかける。

そのような物語なんだか、正直何を伝えたいのかはよくわからない。

源氏物語の話が出てくるけど、これがどのようにつながるのか最後までわからなかった。

(まぁできれば解説でもあればと思うけど…。)

由香里がどのようにこの事件と関連してくるのかも不明である。

もしかしたら事件とは関係ないけど、探偵である浅見と関係するのかな?

いろいろとストーリーを自分自身で作れるような小説であるため、見方によっては非常に面白い小説である。

そして事件は過去にさかのぼる。

過去に起こした過ちが現在の今でも引きずってくるのである。

よって清く正しく生きることの大切さをある意味訴えていると、捉えても良いのではないか?

そう思えてきた。

まぁ読み始めると一気に読んでしまうため面白い小説だと思う。

時間がある方はぜひ、一度読んでいただきたいし、どのように受け止めたかを聞いてみたいもんだ。





ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア