FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

ゲームのルールを変えろ 高岡浩三 読書感想  なかなか結果がでず、悩んでいる時にこの本を

ゲームのルールを変えろ
著者 高岡浩三




著者の高岡氏はネスレ日本株式会社代表取締役社長兼CEO。

なかなか結果がでず、悩んでいる時にこの本を

1983年、
神戸大学経営学部卒。

同年、
ネスレ日本株式会社入社(営業本部東京支店)。

各種ブランドマネジャー等を経て、
ネスレコンフェクショナリー株式会社マーケティング本部長として「キットカット」受験生応援キャンペーンを成功させる。

2005年、
ネスレコンフェクショナリー株式会社代表取締役社長に就任。

2010年、
ネスレ日本株式会社代表取締役副社長飲料事業本部長として新しいネスカフェ・ビジネスモデルを提案・構築。

利益率の低い日本の食品業界において、
新しいビジネスモデルを追求しながら超高収益企業の土台をつくる。

同年11月、
ネスレ日本株式会社代表取締役社長兼CEOに就任。

現在、
経済同友会幹事、
医療・福祉ビジネス委員会副委員長。

日本インスタントコーヒー協会会長。

共著書に、『逆算力』(日経BP社)がある。

思いついたことの98%は実行

!マーケティング、
営業、
流通、
採用・育成・評価…
本物のリーダーは仕組みを変える。

ネスレ日本100年で史上初の生き抜き日本人CEOが語る世界に通用する経営とは?

過去の成功体験を語る経営者は無能!

ハッキリと言い切る強さがある。

何故なら、これまでのビジネスとこれからのビジネスは違うから・・・

OBがやらなかった事を現役が行う。

これが現実であり、真実である。

どのレベルのイノベーションを求めるのか?

これが大事である。

なぜならイノベーションも色々なレベルが存在する。

10年後、50年後を見据えて株主と対話できなければ経営者は失格。

経営者に必要な事はグローバルスタンダードを日本流にアレンジする事。

イノベーションとは行動を起こすことである。

行動なくしてイノベーションは生まれない。

失敗を恐れてはいけない。

失敗の定義とは失敗から何も学ばない事。。

ブランドはCMでPRするのではなく、
ニュースを創る事。

これが成功の道。

スイスに本社があるネスレで日本人が国籍を捨てずにトップに立つ成功した男の言葉である。

重みが違う。

何もなしとげてない人間が放つ言葉とは。

ビジネスマンなら一度は目に通した方が良いと思う一冊。

お勧め。

チャレンジ精神が必要であるし、チャレンジ精神を忘れてはいけない。

私たちは、幸せになる権利があるし、幸せになるために、より良い世の中にするために良い企業に投資をしてより良い企業が成長して、より良い環境になって欲しい。
だからこそ、リスクをとってリスクテイカーになるのだ、リスクテイカーになって幸せを勝ち取るのだ!

その為に、1人1人が何をするのか、そしてどこに投資をするのか。

世の中の為に、自分の為に、まだ見ぬ新しい世界の為に!

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア