FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

信長誘拐

信長誘拐
著者 鈴木英治







「本能寺の変」の裏に“落とし屋"あり!
意外な依頼人、驚くべき目的、そして……
200万部突破の「口入屋用心棒」シリーズの著者による、書き下ろし長編。

どうすれば、魔王とまで称される織田信長をかどわかせるのか――「信長誘拐」という奇妙な依頼を受けた沢越宗一郎は、武田攻めの織田軍の様子をうかがう中、信長を狙撃しようとする謎の女と出会う。さらに信長に恨みを抱く武田家の忍者集団も現れて……。
宗一郎が任務遂行のために考え出した手段とは。
依頼主の真の目的とは。
そして意外なきっかけから本能寺の変が?
驚天動地の歴史活劇。文庫書き下ろし。

信長、この名に惹かれてしまうのは魔王というあだ名が付いているから?

サタンと称される織田信長、海外でも人気があるのであろうか?

小田信長の人気は何といってもカリスマ性であろう。

この時代にだれも成し遂げない発想をしたり、だれも成し遂げない行動起こす織田信長に人々はカリスマ性を感じる。

そしてこの小説はその織田信長を誘拐する小説である。

誘拐の理由は何か、これが焦点となってくるであろう。

誘拐の理由はポルトガルの立て直しのためである。

立て直しと言うよりは救ってもらうことである。

救世主的な役割を織田信長に求めている。

それはやはり織田信長と言うカリスマ声をヨーロッパでも求めたということであろう。

織田信長は日本女性の奴隷貿易を黙認していたが秀吉は反発していた。

秀吉は奴隷貿易に反対していたと言う話を聞くと秀吉に対する見方が変わってくるのではないか?

替え玉説はどの武将にもついてくるものである。

カリスマである織田信長も同じである。

その織田信長と替え玉との関係は…。

今の日本に織田信長のようなカリスマを持った人が登場するのであろうか?

大阪の橋本氏が一時期勢いがあったが今となっては難しい。

織田信長のようなカリスマを日本もポルトガルも必要としていると言う面白い仮説が立てられている。

諸説ありだけどね。




ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア