FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

僕は君を殺せない

僕は君を殺せない
著者 長谷川夕







クラスメートの代わりにミステリーツアーに参加することになった『おれ』。携帯もつながらない山中の屋敷に男女十数人が集められ、気づいたときには籠の鳥。順々に殺されていく。『おれ』は必死に逃げ出すが……。
クラスメートのちょっと風変わりな女の子、レイちゃんと半同棲している『僕』。レイちゃんは、廃遊園地にまつわる怖い話をよく聞きたがります。最近、『僕』の周囲では葬式が相次いでいます。今度は大奥様が死にました。
一見、接点のないように見える二人の少年の独白――。
誰も想像しない驚愕のラストへ……!
二度読み必死!! 新感覚ミステリー!
いつものごとく、散歩しながら本屋に向かう。
これは私の人生のライフワークかもしれない。
つまらない人生と言われれば、そうかもしれない。
でも、私はそのおかげでたくさんの本に巡り会える幸せを感じている。
幸せとは色々だし、人それぞれである。
この本を読む為にスターバックスことスタバに足を運ぶ。
(いつも、スタバに行ってるよな私はと感じながら)
読み始め、内容がイマイチ頭に入ってこない。
何故なら、僕、君などでハッキリ誰を示しているのかわからないからだ。
しかし、それは当然である。
ハッキリ示さない書き方がこの小説の醍醐味だからだ。
2度読み必至という謳い文句はあながち間違いない。
最終的にどのように判断するかはわからないが、この小説は好き嫌いが分かれる小説である。
好きな方は好きだろうし、嫌いな方はとことん嫌いな書き方となっている。
それを判断するのは人それぞれだが、判断するためにも小説を1度読んでみる必要性がある。
読んだこともないのに好きか嫌いか判断はできない。
読んでから判断すべきである。
好きな方には楽しい時間を過ごせるであろう。





ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア