FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

1

たった2枚の紙が一生、新規顧客に困らない営業マンに変身させる

たった2枚の紙が一生、新規顧客に困らない営業マンに変身させる
著者 三井裕







「今月まだ契約が決まっていない……」
「見込み客がゼロになった。また探さないと……」
営業マンであれば、誰しもこの不安な気持ちを経験したことがあるはずです。
では、「たった2枚の紙」を用意するだけで、
一生、新規顧客に困らないとしたら、どうでしょう。
「結果が出ない焦り」や
「断られるストレス」から解放される
営業のテクニックがあるのです。
保険・不動産・住宅・自動車・金融・人材派遣・OA機器・コンサルタントなど
すべての業種で使える手法です。
法人営業でも個人営業でも結果をだすことができます。
あなたにお客様が自然増殖する
営業のすごい仕組みをお伝えしましょう。
今日は寒い、いつも以上に寒いと感じながら私は今日も歩いてコーヒーを飲めるところを探している。
今日はどこにしようと、歩いていたらマクドナルドことマックを見つけた。
今回はマクドナルドでコーヒーを頂きながら、読書の時間を頂こう。
今回はなんとなく営業の本にしてみた。
物を売る真理を知ることで物を買う時に有利になることがあると考えたから。
営業の本質は人の心を理解すること、こんな考え持った人たちが営業マンなら営業マンに対する見方は変わるのに。
実際は売りつける営業マンがほとんどである。
営業の辛さは何か、そう問われたら答えは1つ断られる辛さである。
そうならないためにはどうするか、紹介営業である。
弱みを強みに変えていくことが大切かもと、気づかせてもらう。
そんな思いにさせてくれる本。
うとうとと、隣を見たらスマホをいじっている女性、その横はスマホをいじる男性。
今の時代、スマホは欠かせないツール。
営業は自分が本気で勧めたい商品を紹介するべきとの事だが、ホントその通りだと思う。
別に必要ないものは無理やり売りつけるから、営業は嫌われるし、職業選択からも外される。
もっと色々な人に尊敬される職業になってくれたら、こちらみたいな購入する立場も安心できる。
でも、現実は厳しい。
相手を知り、相手と自分の違いを理解し、相手を思いやり、相手を尊敬し、相手を愛する。
こんな人達だけで、成り立つ世の中ってなんて素敵なんだろう。





ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

おはようございます

もと営業マンです
売る営業マンと
買ってもらえる営業マン
どちらかというと売る営業マンを
会社は育てるんですよね~

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア