FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

2

風の歌を聴け

風の歌を聴け
著者 村上春樹







村上春樹のデビュー作
1970年夏、あの日の風は、ものうく、ほろ苦く通りすぎていった。僕たちの夢は、もう戻りはしない――。群像新人賞を受賞したデビュー作

1970年の夏、海辺の街に帰省した<僕>は、友人の<鼠>とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。2人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、<僕>の夏はものうく、ほろ苦く過ぎさっていく。青春の一片を乾いた軽快なタッチで捉えた出色のデビュー作。群像新人賞受賞。

ひと夏の思い出が中心となっている物語、その物語を村上春樹氏らしく、村上春樹氏らしい、言い回しにて表現。

村上春樹氏の物語を読んでいると、生と性と死が、絡んでくる。それが人気あるのかもしれない。

そして時に出てくる罵倒する言葉、最低な男、嘘つきなどの言葉から来る心情とはいかがなものかと思われる。

人間とは自分自身がかわいいものでもあるし、自分自身が嫌いな生き物でもある。

だからこそ好きな自分と嫌いな自分をこの本は押し出しているのかもしれないし、ただの思いすぎかもしれない。

それは読者が人それぞれ好きに受け取る自由があるのである。

友人である鼠と、指が4本しかない女の子との一夏との関係性。

そしてそれが故郷である関係性。

故郷を思い出す大切さも表しているし、所詮、故郷故郷だと言う思いも表しているのではないかと思う。

ほろ苦い夏の経験とも取れるし、刺激のある夏の経験ともとれる。

この本を通して私たちはどのような思いを抱くのでやろう?

一期一会の大切さ?誰にでも嫌いな自分がいると言うこと?

他には…。





ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

ありがとうございました

コメントありがとうございました。
「風の歌を聴け」は好きな作品で、何度も読み返したものです。
都会的な文章がおしゃれですよね。
英語で書いて翻訳して生まれた文体だとか。
今読んでも新鮮です。

Re: ありがとうございました

マウントエレファント さんコメありがとうございます。

好きな本は何度でも読めますね。
そんな本にどれだけ出逢えるかが人生の楽しみかもしれません。
非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア