FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

あなたの老後、もうありません

あなたの老後、もうありません
著者 浅井隆






政府は破産し、年金は1/3に!

そうなっても、豊かな老後を送るための方策教えます!

著者が言うには年金はすでに崩壊へ向かっていると言うことである。

しかし誤解していけないのは、だからもうだめではなく、これからどうすれば良いかである。

もうすでに年配になった方々が遅いかもしれないが、若者にとっては今からである。

今からどのように備えるかが大切である。

この本を読んで驚いた事は、月々10数万円では生きていけないと言う老人と、月々10数万円ももらっているのにふざけたこと言うなと言う若者がいる。

いまや年収100万円代の若者がごろごろしている世の中である。

それを考えると月々10数万円あると言う事は立派なことかもしれない。

若者が怒るのも無理は無い。

仮想現実社会を物語として教えてくれるところも非常に面白い。

リアリティーが出てくる、仮想現実社会での物語は。

著者が言うにはこれから日本は破産するということである。

破産するかインフレを受け入れるかどちらかしかない。

その中でいかに生きていくのか、自分が勝ち組になるのか?

何をもって勝ち組とうかは難しいところだけど、読んでいて悲しくなる展開であることは間違い無いと思う。

年金による不安をものすごく煽っている、しかしそれは、今のうちから対策を打てば将来が変わると言う事でもある。

だから今のうちに手を打って自分年金を作って将来に手を打ちなさいという警告として捉えて読むべきではないか。

じゃぁ年配者はどうするのか?

不明である。

若者にも幸せを、年配者にも幸せを与える事は出来ないのか?

つくづく思うが・・・。

世の中とは難しいものである。

とにかく自分で自分の将来を設計することが大切である。

自分年金である。





ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア