FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

サヨナライツカ 本 感想 辻仁成  ~愛とは何か?を考える人が読む本~

サヨナライツカ

著者 辻仁成





“好青年”と呼ばれる豊は結婚を控えるなか、謎の美女・沓子と出会う。そこから始まる激しく狂おしい性愛の日々。二人は別れを選択するが二十五年後の再会で…。愛に生きるすべての人に捧げる渾身の長編小説。

愛とは何か?を考える本。
恋人とケンカした時に読む本。
夫婦ケンカした時に読む本。

男性と女性、それは恋をする生き物。

たまに違う形もあるが。

しかし恋愛ということに関してはプロセスが大切になる。

どのようなストーリーで恋愛が成り立つのか、これを自分の人生、もしくは小説の中で体験する。

これが小説を読むひとつの醍醐味である。

東垣内豊と沓子の2人の恋愛物語。

東垣内豊には尋末光子という婚約者がいるのだが。

人生の最後を迎えるときに、あなたなは愛した事を思い出しますか?

愛された事を思い出しますか?

今回は、過去に今まで経験してないほど人を愛して、人に愛されることを経験した人間が、結婚を約束した人間と比較してどちらを選ぶかと言う話でもある。

愛と言う狭間での葛藤と、現実路線と言う平凡な生活の葛藤。

これに揺れ動く男。

そして遊びのつもりだったが本気になってしまった女。

遊びの恋と言うのが存在するのであろうか?

遊びと言いながらも何かしら情が入ってしまうのが日本人。

そして、25年と言う長い年月をかけて思い出と化した思いは、どのような色になるのであろうか?

死ぬ間際、君は愛したことを思い出す?

愛された事を思い出す?

まさに、この小説の究極な問いかけだ。

そして、この本を読んで、こう問いかける。

これほどまでに人を愛した事はありますか?

これほどまでに人に愛された事はありますか?

自分自信にも問いかける一冊。

読書しながら胸がドキドキするし、人生を考えさせられる一冊になった。

人生において、1度は読んでおくべき本としてカウントしても良いかもしれない。

見方を変えれば、裏切りにもなるから誰にでもというわけではないが。

ただ、このような小説はとても考えさせられる良い小説でと思う。

もっと、このような小説が増えると、社会が、人生が豊にになる気がする。

私のような、読書をする人間がいかに、投資という購買をする、本を買うという活動するかにより、より良い本、物語に出逢えるだろう。

豊な社会を目指して。






ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

サヨナライツカ (幻冬舎文庫)  おすすめ恋愛小説

サヨナライツカ (幻冬舎文庫) 辻仁成 “好青年”と呼ばれる豊は結婚を控えるなか、謎の美女・沓子と出会う。そこから始まる激しく狂おしい性愛の日々。二人は別れを選択するが二十五年後の再会で…。愛に生きるすべての人に捧げる渾身の長編小説。 サヨナライツカ (幻冬舎文庫)新品価格¥535から(2016/7/18 23:10時点)

サヨナライツカ

サヨナライツカ 1975年、灼熱のバンコク。 金・美貌・愛に不自由なく暮らし、“愛されること”を求め生きてきた沓子は、ある日、夢に向かって真っすぐ生きるエリートビジネスマン・豊と出逢う。 ふたりはたちまち魅かれ合い、熱帯の夜に溺れていく。 しかし、豊は結婚を目前に控え、日本に婚約者がいた。期限ある恋、かなわぬ恋だとしても、自分は彼を愛し続ける…。沓子は、愛することこそが本当の愛だ...
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア