FC2ブログ

読書と足跡

2

投資の一流、二流、三流

投資の一流二流三流

著者 北川邦弘

読書2


将来、お金の問題で、投資に興味のある人は増えてきている。投資がうまく行く人、一流の人は、どんなふうに投資をとらえているのか。投資をするうえでの心構えや考え方、売買の判断方法などを説く。一流から三流までの三段論法で解説していく。

投資をする人間としては、投資の一流二流三流という言葉を聞いたら反応してしまい、ついつい本に手が伸び購入してしまう。

やはり、投資という行為、活動をしている以上、一流の動きは気になるもんだ。

何を持って一流と言うのかは難しい問題だが、ただ一流と呼ばれる人には何か魅力があるとおもう。

考え方や、投資手段、ライフワークなど様々なことが記入されているが、私の中で1番響いたのは一流の投資家は売りで儲けるという事である。

株価上昇スピードよりも株価下落スピードの方が早いからである。

つまり、費用対効果がでやすいのである。

確かにその通りだと思った。

暴落スピードは早い、すぐに下がり決着がつく。

1番稼ぐ事ができる事は間違いない。

出来れば、企業応援で株価が上がり儲かる事が理想だが。

どんな人生を送り、どんな足跡を残すかは人それぞれ。

私はより良い未来を信じて、より良い社会になると信じて投資に励む。

オススメの一冊
不動産投資の“すごい”真実 著者 杉本宏之



投資の一流、二流、三流 (アスカビジネス)

新品価格
¥1,620から
(2016/8/3 10:06時点)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます。

色々な状況があり、色々な立場があります。
人生を楽しめれば良いですね
非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ

フリーエリア