FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

『特別な人』と出逢うために

『特別な人』と出逢うために

著者 千田琢哉





人生を塗り変える出逢いを見つけるヒント50
あなたにとって「特別な人」とは、どんなひとだろうか。「愛している人」「理解してくれる人」「信用できる人」「能力を評価し、引き上げてくれる人」……など、十人十色だろう。 共通しているのは、おそらく、あなたの中にある才能を気づかせてくれる存在ではないだろうか。 素晴らしい可能性を、引き出してくれる存在ではないだろうか。 そんな「特別な人」が、あなたのそばにいるだろうか? オセロゲームで勝ちが決まるときのように、 たった一人の「特別な人」との出逢いは、 あなたの人生をがらりと変える。 ただ一つ言えることは、たましいをぶつけ合える関係でなければ、その出逢いは一過性に過ぎず、 いずれ「通りすがり」の人になってしまう、ということだ。 だからこそ……、「その瞬間」に備えなければいけない。 本書では、あなたの人生を塗り変える出逢いを見つけるヒントを紹介。 もしかしたら、それは自分もまだ見ぬ自分との出逢い、かもしれない

新たな知識を求めてこの本と出逢う

二通の人に出逢う、それは『特別な人』と、『それ以外の人』のに通りである。

その違いは何であろうか、と言うような疑問が生じると思う。

千田琢哉氏の答えは、【本音でつながっているか否か】である。

本音で生きると、建前で生きている大勢から顰蹙を買ってしまうのである。

本当にその通りだと思う、なぜか日本人ははみ出したもの、いやはみ出させようとする。

昔からこのような言葉がある、『出る杭は打たれる』。
私たちはいかに、平均的な人生を送ろうとするかが日本人である。

しかし、時代は変わる落としている。

これからは平均的な人間よりも、何か1つ秀でてることのある人間の方が価値が出てくるのではないか?

むしろそーゆー世の中になってほしいと思っているし、そーゆー世の中の方が発展していて楽しいと思う。

例えば顰蹙を買う人間と言うのはリスクを背負うっている人であり、リスクを背負うっている人はセクシーな人種である。

そしてセクシーに輝いている者同士がつながると、さらに強い光を放ち続けると著者の千田琢哉氏は言われている。

この考え方にはかなり共感を持てると思う。

中には共感的な人たちもいるであろうそれは、その人たちの自由であり、考え方である。

どのような考え方が正しいのかではなく、どのような考え方を持って生きているのか、どのような考え方を持っている人たちのそばにいるのかが大切である。

魅力的な人になりたければ、魅力的な考え方を持っている人と出会わなければならない。

そのためにたくさんの人と出会って、たくさんの本を読んで新たな考え方を模索する必要がある。

千田琢哉氏の哲学とは、『あなたの考え方を広げながら深掘りしていく作業』ということである。

魅力的な人に出会うためにもまず自分が魅力的な人間にならなければならないし魅力的な考え方を持たなければならない。

まず、今いる場所で実績作りが必要である。

そして、自分の裸を直視して、自分の体と会話する。

千田琢哉氏は語る、本を読んでいないと、特別な人とすれ違いで終わってしまうと言うこと、批判に屈した時が、あなたの才能の限界と言う事、格安ショップやファーストフード等の利用回数を減らすなければ、それだけの品格の人間になってしまうと言うこと、ドキドキする人と一緒に行動する時間増やすことによって刺激をもらえると言うことなどである。

さらに、大嫌いな人が、あなたに大切なものを運んでくるし、第一印象がぱっとしないのに成功している人は、本物だと言うこと、年間を通じて遅刻が1回以内の人は信用ができると言うことであり、うだうだ言う人には関わらないほうがいい。

売られた喧嘩を買わなければ、次のステージに上がれると千田琢哉氏は語る。

明日の1時間より、今日の1分を大切にすることが大切である。

自分自身の成功、自分自身の成長が、自分自身を豊かにすることになり、さらには周囲の人たちも幸せにすることができる。

そう信じている、そういう信念を持っている、それこそが哲学なのかもしれない。

人は死ぬまで学ぶと言うことである。
「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア