FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

君の眠れる才能を呼び覚ます50の習慣

君の眠れる才能を呼び覚ます50の習慣

著者 千田琢哉






「人生で自分の才能を発掘し、磨く事ほどの
ローリスク・ハイリターンは存在しない」

日常で使うべき言葉、仕事への取り組み方、情報収集の仕方、
人との接し方など、様々な日常の断片にはあなたが成功する
“きっかけ"が溢れている。

20代・30代からの圧倒的な支持を受け、累計168万部突破の著者が
初めて語る「才能」の発掘方法とその磨き方。

義務教育では習わなかった「才能」を見つける50の方法とは?

他人の非凡な才能に嫉妬して、自分の平凡さをただ嘆く――
そんな“自分自身を信じられない"すべての人に贈る極上のヒント集。


【著者プロフィール】
千田琢哉(せんだ・たくや)
文筆家。愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒。日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。コンサルティング会社では多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって得た事実とそこで培った知恵を活かし、“タブーへの挑戦で、次代を創る"を自らのミッションとして執筆活動を行っている。


新たな知識を求めてこの本と出逢う

1番伝えたい事は、『自分の才能を発掘すること。発掘した才能を磨き続けること。』である。

義務教育とは、自分に何が才能あって、何に才能がないかを見
極める場所である、決して口には出せないが、その通りである。

苦手な分野に時間を割いても仕方ない、才能がない分野に時間を割いても仕方ない自分に何が才能があるか、確認する為に必要な時間だ。

その才能がどこに隠れているかがわからない、すぐ見つかるところにあるかもしれないし、見つからないところにあるかもしれない。

その中で批判されたものの中に、あなたの才能は潜んでいると言うこともあり得る。

だからこそ人生は冒険であり旅であるのだ。

どうしても成功するためには自分自身の成功が必要である、誰かに頼っても誰も助けてくれない、自分で成功することが1番の近道である。

自分の才能に気づくためにも利害関係のない成功者に聞いてみるというのも1つの手であるし、両親や祖父母の得意だったことを聞いてみるのも1つの手である。

才能は2つの要素で決まる、1つは遺伝子であり1つは環境である。

著者の千田琢哉氏はズバリついてくるものだと感心した。

才能と言うのは確かに環境が作るものかもしれない。

生まれ持ったものが才能でもあるし、その才能が開花するのは環境である、何事においても。

第六感と言うことを大切にしなければいけない、第六感は自分自身の経験自分自身の感覚でしか生まれない。

だから自分の直感と言うのを信じて判断するのも1つの手段である。

1番大切な事は後悔しないことである、後悔しないために直感で判断すると言うのも1つの手段であるし、じっくり考えて判断すると言うのも1つの手段である、最終的には判断するのは自分と言うことである。

そして自分に向いてることや才能があることで関しては努力をする必要がないというか、努力してると言うことに気がつかないものである。

努力をしているという感覚が自分自身にないからである。

それは今やっていることが楽しくてしかたないと言うことであり、努力を努力だと思ってないからである。

つまり努力をしてると言う事は自分に向いてないと言うことでありストレスが溜まるような事は間違った修行あると千田琢哉氏は言われている。

中には自分より才能ある相手に遭遇することもあるだろう、その時は早めにズラしていく必要があるかも知れない。

人間は嫉妬する生き物だからだ、だから嫉妬心が芽生え始めたと言う事は才能が枯れてしまったと言うことである。

その時が次の道を考えるのが1番適切な判断である。

その才能を磨くためにお金をケチる事はナンセンスである。

自分の才能を磨くために結いるのであれば自分の才能をケチっている事と一緒である。

自分自身を過小評価するべきではない。

自分自身を過大評価することも問題であるが。

その自分自身の才能を磨くために、無理、無理いやそれはありえない、できません、などの発言を繰り返す人間と関わらないことである。

負のオーラを持った人間であり、その才能が身についてしまう。

読書とYouTubeは成功を大幅にショートカットしてくれると千田琢哉氏は言われる。

終わらせることできるものは早めに終わらせて、時間を作るべきである。

余裕があるからこそ今は舞い込んでくる、余裕がなければ幸運に気づかない、いや幸運を舞い込んだことすら気づかない。

人のせいにしないで自分のせいで生きて行くことで自分自身の才能が磨かれる。

世の中誰も助けてくれない、助けてくれるのは自分だけである。
だからこそ自分自身の才能を発掘して自分自身の才能を磨いて成功へ導くかなければならない。


「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

/span>

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア