FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

3

もし君が、そのことについて悩んでいるのなら

もし君が、そのことについて悩んでいるのなら

著者 千田琢哉






悩みがない人なんて、いるだろうか。
私たちは誰もが1つや2つ、眠れないほどの悩みを抱えている。
たとえ、他人から見れば「バカバカしい」ことでも、
「分かりきっている」ことでも、
「悩むに値しない」ことでも、
本人にしてみれば、頭を悩ませる目下の最大事項であったりもするのだ。

だが、膝を抱えて悲壮感を漂わせてみても、
その悩みは決して、解決はしない。
解決するためには、まず自分の頭で考えることも必要だが、
同時に、人の意見は貴重だ。
思ってもみないアイデアを授けてくれることがある……。


本書は、多くの人が抱える悩みについて、
アイデアを授けるだけではありません、
その悩みを力に変える知恵にあふれています。

大きな悩みから、小さな悩みまで、
おそらく多くの人が思い当たる事柄が、本書には溢れています。
「自分には関係がない」
もしそう思っても、そこに書かれた著者の言葉は、
決して他人事とは思えないはず。
本書から、そんな貴重な言葉を発見してください。
「悩むことも、悪くない」
そう思えるかもしれません。

新たな知識を求めてこの本と出逢う

世の中、不平等と思うことがある、当たり前の事である、世の中とは、残念ながらそーゆーモンだ。

先日、広告業界の大手である某企業の女性社員が残念ながら自殺され、話題になった。

自殺する前に、辞めるという選択肢を選ぶことはできなかったのか?

そう思う方々が多いだろう。

しかし、残念ながら退職という道を選べないほど追い込めれていたと思われる。

二度と、繰り返して欲しくない社会的事件である。

著者の千田琢哉氏は、迷い人に言葉を投げかけている。

背中を押すために、言葉で救うために、それが人との出逢いであり、言葉との出逢いである。

そんな出逢いを人は大切にしなければならない。

千田琢哉氏の言葉に救われる人はいるだろう。

一人ぼっちを経験しなければ新の出会いはありえない、本物出会いはお互いに孤独と孤独を闘いぬいた証である。

モテる人の共通点は孤独でありながら悲壮感が漂っていないことである、独り言は自分自身との究極のコミニケーションなのである、この言葉は救われるのではないか?

欠点だらけの自分を許してあげることが大切、自分を知った上で勝ち目のない土俵では戦わないことが大切である。

信念がない人は生きているふりして死んでいるのであるが、信念とは心で焼かれて最後に残るものと捉えるべきである。

天才とは死ぬまで自分が天才だと勘違いしていた人、本物の自信とは圧倒的な勘違いである。

やせ我慢もたまには良い、やせ我慢してでも孤独に耐えぬいてでも筋を通したい。

やってみると意外に自分らしいことに気づき、素直と言う事は最高の才能かもしれない。

認めてあげよう醜い自分でさえ、弱い自分を受け入れる人が結局は強い人間である。

自然に打ち明けることができる、これが本心である。

一人ぼっちで生きてこそ人生である。

常に誰かといて、自分の考えを押し殺しても人生を生きたことに
はならない。

自分の考え主張して、孤独に耐えぬいて生きる、これこそが人生である。

その人生を生きていく上で、反論せずに行動に移すと10年後は立場が逆転して、納得しないであろう、しかしそれをバネとして、エネルギーとして常に上を向いて歩こう。

生きていく上で周囲の人間には気をつけるべきである、貸したお金は手切れ金と思え、むしろそのくらいの金額で縁が切れて良いと思う。

嫌いになろうと思っても嫌いになれないのが親友である。

寄ってくるものが寄ってくるし離れていくもの離れていくものである。

だから安物買うたびに安い人間の人脈が構築されていくものである。

どんな人間と付き合っていくかも大切だが、お金持ちになりたければお金持ちと付き合う必要がある、そのお金持ちの判断基準は好きか嫌いかである。

類は友を呼ぶという言葉があるが、目標とする年収の人と同じ空間で過ごすことにより目標とする年収になることができる。

そしてお金持ちの部屋を見てショックを受けるであろう、何故かと言うとお金持ちほどシンプルであるからである。

いかに整理整頓するかが大切である。

整理整頓をすることにより頭の中がすっきりするのである。

仕事をしていると絶望する場面があるが絶望が過ぎ去った後に希望があると信じよう。

あなたが認めてもらう前にあなたは相手を認めているのか、自分に問いただしてみよう。

何でもかんでも人のせいにするのではなく、自分自身のことを振り返ってみよう。

そうすることにより、今まで曇って見えていたものが明るく見えてくる。

前が明るく見えてきたらあなたの人生も変わるのではないかと思う。

千田琢哉氏の言葉により、救われる人も出てくるのではないか?

人との出会い言葉との出会いによりあなたの人生が好転することを望む。


「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

訪問リストでここに来ました。
読書はもう何年もしていません。
しかし今回は、心打たれるものがありコメントしました。
人間関係の難しさに悩んでいた私ですが、まずは己を知り、前進しようと思います。
また、訪問をたまにしてみてください。
足跡が残っていたら、ブログ更新したと思いまた来たいです。
今年は1冊から読書をしようかと思います。
素敵なブログですね。
ありがとう。
 kenjiman.

Re: No title

kenjiman, さんコメントありがとうございます。

この世の中で一番難しい問題は、人間関係かもしれませんね。
前進することが大切ですよね。

こんにちは

悩みのほとんどは対人関係ですね。それと整理整頓してシンプルになりたい!苦手ですけど。
非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア