FC2ブログ

読書と足跡

4

株で資産を蓄える 〜バフェットに学ぶ失敗しない長期株式投資の法則〜

資産蓄える
バフェット学ぶ失敗しない長期株式投資法則

著者 足立眞一

読書2


マイナス金利時代にを持ち続けることで成功する秘訣を解説。高く仕入れ安値で投げる投資家から脱却し、豊かで安心な老後を手に入れるアクティヴ・シニアに! 10倍になる(テン・バガー)等々、豊富な実例で銘柄発掘の心得を伝授! 式投資の実践編として〔有望銘柄〕を掲載!

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

歴史上世界最高の投資家は誰か?

そういう疑問にたどり着く人もいるでしょう。

答えは米国のウォーレンバフェット氏である。

ウォーレンバフェット氏から得た3つの心理。

式投資は1部を所有する権利である。

②安全マージンを利用する。

③ミスターマーケットは、主人公ではなくシモベである。

安全マージンと言えば何かと言えば、名経営者と言う高い安全マージンと言うことである。

会社は経営者次第でどうにでもなる。

ウォーレンバフェット氏のポートフォリオはこのような銘柄である。

①ウェルズ・ファーゴ
②コカコーラ
③ IBM
④アメリカン・エキスプレス
⑤ウォルマート

ウォーレンバフェット氏は失敗にこだわらない投資手法にこだわった。

そして投資はスノーボールだと言っている。

スノーボールとは、株式投資の真髄は雪だるまということである。

雪だるまは転がしていくだけ大きくなるのである。

株式投資も長期に値上がりする株式を選んでじっと保有していれば、雪だるまのように大きくなっていくものである。

ウォーレンバフェット信者は世の中多いものである。

ウォーレンバフェットの運用成果はブロンズ像のように永遠に存在するものである。

ウォーレンバフェットの後を継ぐ若者たちも、成績を上げている人たちが続々と出てきている。

どのような投資方法で行うかはその人次第であるが、自分に合ったやり方を見つけることに意義がある。

株価が上がるのはアメリカの株だけではない。

日本の株も上がる可能性がある。

その中でも著者が注目されている株がこの本には書かれている。

それを信用するかどうかはその人次第である。

他人の進める株を買うもよし、自分が信じる株のみを買うのもよし。

最終的には自分自身が納得した状態で株を購入するかどうかである。

そして何のために株を購入してるかも大切である。

設けた先に何があるのかを考えることも大切である。

さらには著者が進めているのはETFである。

ウォーレンバフェットではないが、もう1人の投資家であるビルミラーはこう答えた。

「相場は先行きになにか未知の材料を読んで動くと言うが、現実の相場はあなた方や私のような投資家が売買して形成する。」

投資情報の検索はNY株の動きから注目すべきである。

その中で有望株の発掘をすべきである。

最後にウォーレンバフェット氏はこのように言った。

『書物をできるだけたくさん読むこと。』

『毎日500ページを読破するように勧める。』

『知識は複利計算のように増え将来は大きな資産になる。』

この言葉をどう捉えるか?

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村









スポンサーサイト



コメント

No title

投資の流儀を学んだ気がします。
著者は当然のことを口にしていますね。
私は中長期が取ることが出ません。
デイトレみたいなものです。
将来を見据えた、投資ができるように、理由を考えていこうと思いました。

Re: No title

kenjiman, さんコメ感謝です。

自分にあった投資方法があるのなら、そちらが一番だと思います。
どんな方法も相性があるみたいですからね。

No title

私も実際に株式投資に手を付ける前に、
バフェットに関する書物を手当たり次第に読んだのを思い出します。
投資に対する心構えを教えてくれました。
バフェットは自分の思いを自ら語ることは少ないですが、いろんな書物で書かれていることはどれも核心をつき、逆に言えば当たり前のことなのですが、実際に株に手を出したら、その精神論がとても重要な要素だと思い知らされます。
株に対する目利きを鍛えるのは当然ですが、やはり精神力が必要です。
日々精進ですね"(-""-)"

Re: No title

節約ドットコム さんコメ感謝です。

日々精進、おっしゃる通りですね。
頑張ります。
非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ

フリーエリア