FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

「孤独」が男を強くする ふとした寂しさを力に変える36の法則

「孤独」が男を強くする
ふとした寂しさを力に変える36の法則

著者 潮凪洋介






「孤独の料理法」を伝授する一冊。職場、友人関係、家庭…と、孤独をより身近に感じる現代。しかし「孤独は人間の宿命」と著者は言う。そしてこう続ける。「だったらそんな孤独は蹴っ飛ばし、創造的爆発力に変えよう」と。誰しも一度は感じる心の隙間――「通勤電車でふと寂しさを覚える…」「自分だけ仕事ができずに劣等感に苛まれる…」「成功者と接して自分の駄目さ加減に切なくなる…」「分かり合えた友人と仲違いし、強い罪悪感と切なさを感じる…」「家族をわかり合えず、家の中で居場所がない…」。これら様々な「孤独」と出会ったらチャンスだ。眼前の孤独ときちんと対峙すれば、あなたは大きく成長する。人間的魅力も、仕事上の成功も、収入も、素敵な出会いも手に入る! ふとした寂しさを力に変える――そんな夢のような成功法則を36に分類して紹介する。孤独をバネに、成功を、自分の居場所をつかみ取った著者だから書ける究極の自己啓発本。

新たな知識を求めてこの本と出逢う

「孤独」は誰だって抱えているものである。

むしろ「孤独」を抱えてない人はいないのではないか?

誰もが抱える「孤独」をどう料理できるかで人生の成否が決まるものである。

快楽に満ちた良い「孤独」と痛みに満ちた悪い「孤独」がある。

目標さえあれば、1人の時間は創造的な「孤独」時間に変わる。

孤独に憧れるより、仲間を作る才能を身に付けたほうがよい。

1人になる力、人とつながる力どちらも必要である。

過去に受けた孤独の傷跡は人に喜んでもらうことで癒すものである。

人を喜ばせて「孤独」を解毒し、「孤独」に復讐する。

最悪な家庭環境によって抱き続ける最悪の「孤独」は、「孤独」の対象を全て無視して解毒するとよい。

孤独の影が強ければ強いほど、未来はくっきりと見えるものである。

天国も一人ぼっちじゃ逃げ出したくなるものである。

人は1人では生きていけない、良質な群に飛び込んで幸せをつかむべきである。

皆と仲良くしたいけどできないと「孤独」を感じる時は心の癖をあぶり出してみることである。

仲良くなりたいと言う願いが叶わある場合、自分の癖を点検する必要がある。

通勤電車で寂しさを覚えたときは、途中下車をして新たな出会いを探してみると良いかもしれない。

通勤電車は今を変えるきっかけを与えてくれる場所である。

職場での冷ややかな目に『孤独』を感じるときは、居直って仕事にだけ集中してみることである。

本当に必要な人とのつながりさえあれば人は強く生きていけるものである。

自己表現ができない置き去り間を感じたら、表現力は絶対不可欠と自分を鼓舞してみることである。

苦手な人が決死の努力をすれば、そこそこできる人よりはるかに上達するものである。

不条理ないじめを受けて行き場のない『孤独』を感じたら、意図的に騒いでみることである。

他人からの理不尽な攻撃に徹して泣き寝入りしてはならないものである。

1人残業飯を食べる時は、真心のこもったメールを友人や恋人、親に送ってみると良い。

心が疲れた時こそ素直な気持ちで人に優しくなれるチャンスである。

家と会社の往復運動で「孤独」を募らせる時は強引に退社後の予定を入れてみると良い。

出会いの少なさ回の孤独感が強いほど大きな出会いが待っているものである。

自分だけ仕事ができないと悲しい「孤独」に震える時は自分に必要な能力を考えてみるものである。

できるようになりたい仕事、ただそれだけに意識を向けると良い。

自分には魅力がないと「孤独」にさらされる時は、楽しさを共有する友人に連絡してみると良い。

成長する人は「孤独」のショックと痛みをごまかさないものである。

友達を誘っても返事がない時は気にせず誘いに乗ってくれる新しい友達を探しに行くべきである。

こういう関係も老化するものであり、ときには新陳代謝が必要である。

思い切って初対面の人を誘って断られた時は冷静に自分の魅力を採点してみるものである。

新しい出会いは自分の魅力が試される機会と考えるべきである。

大切な友人との決別は、友情の大切さを知る苦い薬であると考えるべきである。

殺意を覚えるほどのどす黒い怒りが急成長させるものである。

被害妄想、劣等感が成功へのジェット燃料になる。闇雲な向上心は人生を狂わせる、何に対して努力するかを見極める必要がある。

お金で味わう孤独は悪くない、ここ1番の発奮材料になるからである。

お金がないときほど、お金で買えないスバラシキ財産を実感できるものである。

今どんな人間関係が心地よいのかに従うのも良い。

しっくりこない人といやいや付き合うより、好きな人に目を向けるべきである。

古巣と新天地を行き来することで人生に深みと広がりが生まれるものである。

人間関係の潤滑油になっている限り、変人とは愛すべき人である。

自分に意識が向きすぎたときは、視点を外にずらすと世界が変わって見えるものである。

あなたの人生がうまく動き出せば人間関係にも変化が生まれるものである。

モテないショックと「孤独」がモテ修行の力となる。

出会いは釣りと同じ、魚が多い釣り場を探すべきである。

恋とはパズル、トライアンドエラーが基本と心得るものである。

失恋の激痛と奈落の底の孤独感、それは新しい自分を生むための陣痛だ。

片思いは恋の人生のスパイス、あなたの魅力を際立たせる明脇役となる。

独占したいと言う鎖を断ち切った先に発展的な人生が待っているものである。

わかりあえないことで見えてくる人生の旨味に目を向けるものである。

「孤独」が人を成長させる。


「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア