FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

超一流は、なぜ、食事にこだわるのか? 一流になりたければこの本ぐらいは読みなさい 千田琢哉論

超一流は、なぜ、食事にこだわるのか?
著者 千田琢哉





食事を変えると、人生が変わる!
あなたのパフォーマンスを最高に高める食事法!
超一流のエグゼクティブたちの多くは、食事に関してはかなりのこだわりを持っているものである。
それは、彼らが活躍できるのは自分が健康であるからということを熟知しており、その健康の元となるのが食事だとよくわかっているからである。
筋トレを追求する中で、また、多くのエグゼクティブと対話をする中で、どのようなものをいかに食べることが効果的なのかということを研究してきた著者が明かす、仕事で結果を出すための食事法。
新たな知識を求めてこの本と出逢う
興味津々になりました、この本を手に取る前に。
食事は生きていく上で欠かせない事だからです。
食事に興味があるうちは、何があっても大丈夫だと言われてます。色に対する関心の強さはその人の生命力のバロメーターだからなのです。
だからこそ超一流の人は食事にこだわるということが言われるのです。
今食べたいものが今のあなたに必要なことです。
あなたの体にとって今必要なものは、あなたが今食べたいと思っていることなのです。
1日3食では無いのです。
それが超一流の人の考え方なのですということなのです。
良質な食事の前に、良質な水にこだわりましょう。
水はすべての源なのです、だからこそ水の大切さを知り、水にこだわりを持つ必要性があります。
無料で出される水がおいしいかどうかで一流が三流かの違いが出てくるのです。
元気になる食べ物は人それぞれなのです。
あなたが大好きな食べ物はあなたを必ず元気にしてくれるはず、それはあなたが大好きだからです。
食欲がないのは今食べるなと言う体の合図なのです。
食欲もないのに無理に食べる事はやめたほうがいいのです。
栄養が必要だからとらないといけないと言う発想は、無意味なのです。
標準体重と言うのも無意味なのです。
なぜなら人は人によって筋肉の量や顧客等が違うため適正体重と言うのが大きく異なるの現実だからです。
人の性格は食事によるものなのです。
うまいものを食べている人は性格もいいのです。
性格が悪いと言う事はおいしいものを食べてないからです。
それは感謝をしているかどうかなのです。
おいしい料理を食べている人は感謝する気持ちを持ってる人が多く、それなりの流流食べてる人は感謝する気持ちがない人が多いと言うのが現実なのです。
朝食は絶対必要と言う固定概念を払拭してみる必要はあります。
ハングリーな方が体の調子も頭の調子の、頭の回転も良い人はいるのです。
だから食事に置いてこうしなければならないと言う正解は無いのです。
ランチしなければならないと言う固定概念も必要ないのです。
むしろ空腹状態がパフォーマンスを高めることが多いと言えるかもしれません。
お腹いっぱいに食べいと家命が縮むのです。
一人暮らしで自炊なら実はカレー体に良いのです。
彼が体に良い理由としてカレー粉に含まれているウコンが良いのです。
ウコンを入手するためにカレーを食べようと言うことなのです。
お酒を飲むのであれば、タウリンも取ることを忘れずにいましょう。
タウリンを摂取しておけば、粘膜に与える刺激を軽くしてくれるし、肝機能を守ってくれるそうです。
一流になるにはこだわりが必要かもしれません。
そのこだわりの1つが食事である。

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア