FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

0

非常識な休日が、人生を決める

非常識な休日が、人生を決める
結果を出す人がやっている50の逆転の時間術

著者 千田琢哉





新たな知識を求めてこの本と出逢う

空いている時間をいかに有効活用するのか、これが問われているこの時代でどうすれば良いのかこの本で参考にさせてもらう為に手にとる。

成功の入り口は、オンとオフの境目が切れた所にあるものである。

グレーゾーンが、価値なのかもしれない。

一流の人は肩の力が抜けている。

リラックスした状態でいることが、チャンスを逃さないことなのかもしれない。

高く飛ぶのではなく遠くまで飛ぶのだ。

いちど大きく飛躍するよりも、長く遠く飛躍したほうが長持ちするのかもしれない。

信用される人ができる人である。

できるから信用されるとも言い換えることができる。

連休に壱発大逆転を狙わないことが大切である。

毎日が勝負である、壱発逆転はありえない。

準備が全てであり、本番は復習である。

本番こそのリラックスしてするために準備で全てを費やす必要がある。

運のいい人はオフでも羽目を外さない。

常にチャンスを伺っていると言う事かもしれない。

不器用な人の方が成功しやすいもんである。

不器用ということが1つのことにこだわりを持ってるのかもしれない。

月曜の朝が待ち遠しいなら良い人生を送っている。

わくわくとした人生を送っているのであれば幸せである。

オフはネタを仕込み、オンは鼻歌で料理をするだけである。

オフをオフと言う時間に使わない。

残業は、朝の遅刻と同罪である。

残業するという事は仕事が終わらなかったと言うことである、しかしそこには本当に終わらなかった仕事と、遅くこなしたがために終わらなかった仕事の2種類がある。

遊びが仕事、仕事が遊び。

自分のやりたいことを仕事にすれば楽しい人生が送れます。

勉強の本当の楽しさは、学校を卒業してからわかる。

それは、自分にとって必要なことを学ぼうとしているだけである。

暗記したら睡眠。

睡眠してる間に脳は整理をしてくれるのである。

勉強はゲームと同じ。

ゲームと同じ感覚でしていけば、クリアできるものである。

大人の勉強は何でもあり。

人生生きることが全て勉強である。

敵か味方の2者択一は、最終的には孤立無縁になる。

どちらかを選ぶということが、どちらかを捨てると言う事でもあり、どちらとも捨てられる事でもあるかもしれないと言うことである。

この本を読んで考え方が変わる人もいれば、変わらない人もいるでしょう。

ただこういう考え方をしてる人たちもいると言うことである。

ビジネスパーソンのカリスマ千田琢哉氏によるオフの時間術。結果を出している人はどんなオフを過ごしているのか。キーワードは「逆転の発想」です! ◎長期休暇に日ごろのマイナスを挽回しようとする人は凡人。人生の見直し時間にあてる人が成功する人。◎デートを休日にするのは凡人。平日にするのがワンランク上。◎仕事を勤務時間にするのは普通の人。始業時間前に終わらせておくのがデキる人。 常識を打破した時間の使い方が、成功に直結する!
「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア