FC2ブログ

読書と足跡 ~読書時間~

「読書の時間」です。「読書の感想」ですがあくまでも個人的な「読書感想文」です。

2

『副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト』『タクスズキ』ブログで稼ぎたい人に『オススメ』な本!

『副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト』

著者 タクスズキ





新たな知識を求めてこの本と出逢う

『ブログで稼ぐ』事を夢見て望みチャレンジしている人は多いでしょう。

私もその1人。

『読書』を通じて自分自身の教養をあげながらも、稼がせて頂き、また本に投資をする。

まるで『読書が副業』状態。

ありがたい事ですし、感謝しなければなりません。

そんな私が更なる向上を目指して手に取った本がこの本、『副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト』です。

読み始めてスグに、次元の違う世界にこの著者はおられると感じました。

実際に『ブログで稼ぐ』を実践されていることが、より説得力を増しているのではないかと思います。

その本で出てくるこの言葉、『いい情報を得たければ、その分野について発信しろ』

この言葉は胸に響きます。

何より、『ブログで稼ぐ』には、タイトルが重要。

いかに、インパクトのあるタイトルをつけれるかが大切と書かれてます。

確かに、ネットサーフィンしてても、タイトルだけ確認して読むかどうか決めることは多いですよね。

だからこそ、タイトルが一番大切だという考え方は共感できます。

そこでの【ポイント】

強い言葉を使う

相手に何でをつくりだす

かかる時間を示す

問いかけてみる

つぶやいてみる

正直に伝える

クイズ形式にして問題をだす

このままでは未来は暗い、変わらなきゃと思わせる

言葉のリズムを重視する

誇張してエンタテインメントにする

このようにタイトルを付ける際に工夫する事は沢山ある。

更には、資産となる記事をどれだけストック出来るかが大切。

どれだけ記事を更新しても、検索されない記事なら資産にならず、記事の山(ゴミの記事)になるという事です。

耳が痛い、言葉が飛んできました。


そーです、この本を読んで学んだ事は、いかに資産となる記事をストックするかなのです。

いかに、検索されるキーワードを入れ検索にかかるように持っていくかです。

これが大切なのです。

検索して貰い、アフィリエイトして貰うかが、この本に書かれてます。

特にAmazonでのアフィリエイトの考え方には衝撃を受けた。

こんな考え方があったのか、なるほど。

やはり、自分1人ではたどり着けない答えがありますね。

他人から教えて頂く事にたどり着けない答えがある。

感謝を、忘れず時間を送りたい。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

広告ビジネスで収益を超最大化するための実践テクニック!

Kindle部門別1位獲得の人気電子書籍「サラリーマンが副業ブログで35万円稼ぐまでの奮闘記」を元に、「本当に稼げる方法」を書籍にまとめました。

初心者~中級者がすぐに「自分もやってみよう! 」「やってみたい! 」と思えるような、「超」具体的なノウハウが満載です。

□ 本業の収入に不安を覚えるサラリーマンの人
□ お金のために我慢して生活をしている人
□ 仕事を面白いと思えない人
□ 毎日をだらだらと過ごしている人……

ブログでアフィリエイトをはじめてみませんか?

多忙なサラリーマン時代に、副業ブログで月35万の副収入を得て脱サラした著者だからこそ書ける、金銭的・精神的に豊かになる方法。
「自由に働く」ための新しい考え方が身につきます。

「読書のお時間」「読書週間」「読書会」など読書する機会はたくさんあります。
その時間や機会を活かすかどうかは貴方次第。
「読書ノート」で良し「読書録音」でも良し。
「読むべき本」は人それぞれです。
「知識を深める」為にも読書することを心掛けましょう。
「図書館」でも「本屋」でも良いのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?








ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



コメント

No title

これだけでも言葉が重いですね。
僕も同じ思いを持ってますが、まだまだ未熟で稼げていません。このままじゃあかんなー
ありがとうございます。

Re: No title

バカワイン さんコメント感謝です。

難しいですね、ブログも稼ぐ事も。
参考になれば幸いです。
非公開コメント
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

検索フォーム

カウンター

現在の閲覧者数:

日本ブログ村

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

読書好きな方へ

本ブログ以外でも、良きブログや「読書メーター」さんなどあります。 本好きには面白い情報を授かる事が出来るかもしれません。 読書と足跡は「読書メーター」さんには参加しておりませんが、面白いと思います。https://bookmeter.com/

カテゴリ

フリーエリア